2013年上半期プレミアム傑作選16時間

タイトル: 2013年上半期プレミアム傑作選16時間
キーワード: ベスト・総集編、潮吹き、凌辱、デジモ、独占配信
女優: 矢野未夏、idol、きたがわあんじゅ、じんゆき、おがわあさみ、いながわなつめ、あしなゆりあ、こばやかわれいこ、ゆい、なぎのみゆ
メーカー: プレミアム
レーベル: PREMIUM BEST

ネットの口コミ

「まあまあ、そう怒るなよ。僕が愛してるのはキミだけなんだよ」
青白く見開かれた目が、潤んでいました。
真夏だったせいか大家さんはストッキングを着けておらず、汗でジメついた内腿の肌が指に吸い付いてきました。
まあ、定年退職して隠居している身ですからね。
私たちは映画館の前で待ち合わせた。
湯船の中で、渡辺さんが後ろから私を抱きしめてくれました。
課長補佐は同僚のチャンが五一六号室に案内するはずだ。
と、私は小さく叫んで胸と股間を手で隠し、両脚をとじ合わせてしまいました。
「もっと虐めて!」
私は冥土の土産にと思い切って彼女に頼んでみた。
相手の男性も、私が知らない女だからこそ普段できないような激しいセックスを求めてきました。
すると今度は年増ホテトル嬢がローションでヌルスルになったケツメドにニュルリと指を入れてきたではありませんか。
毎日とはいかないまでも、二日もご無沙汰していると気もそぞろになってくるほど、セックスなしではいられない体だったと自分で気付いたのは結婚してからのこと。
「この前、僕に抱いて欲しいと言ったね。今、それを叶えてあげるよ」
「何で勘違いな事を言うんだい。俺の好きなお尻だよ。侮回コートの後ろで、これを眺めるのが楽しみだったんだ」
だから、あまり顔を見ないことにしたのだが、それを彼女は察したらレく悲しげな表情をした。
でも、わざと焦らすように、肝心のところにはなかなか触れてくれませんでした。
魚屋にとっで、アラというのはゴミ以外の何ものでもない。
早漏気味の小生にはうれしいのですが、途中で中折れの心配もあり、うれしさも半分と言ったところです。
やおら向こう向きになり、両手を前に突くとニューッと許り円々した尻を持ち上げる。
「ハイ」
「あぁ、イッちゃうわぁっ、イクうっ。ほら、紘子さんもイキなさいよ。気取ってんじゃないわよっ」
露骨な言葉でからかう。
「うっ、はあああああっ、ああン!あなた、ステキっ」
苦痛に耐えかねたのか、這って逃げ出すような素振りも見せますが、容赦はしませんでした。
綾乃と違って、膣は狭く、ねじるように締めつけてきました。
どの男とでも死んでもいいと思えるほどのエクスタシーを感じることが出来た。
彼女の口からそんな言葉が出るなんて、まったく予期しない話だったからです。
(何なの…いったい…?)
けれど、彼女は平然とした顔で料理に箸を延ぱしている。
子供が巣立ってしまった後の専業主婦ほどつまらない生き吻はないと思っています。
そう、男の武器だ!
男根を握ってみると、かなりの硬度を示している。

2013年上半期プレミアム傑作選16時間

サンプル動画