MOODYZファン感謝祭 バコバコバスツアー2012 小悪魔痴女たちの誘惑大乱交SP

タイトル: MOODYZファン感謝祭 バコバコバスツアー2012 小悪魔痴女たちの誘惑大乱交SP
キーワード: ハイビジョン、独占配信、デジモ、4時間以上作品、痴女、コスプレ、潮吹き、水着、企画、乱交
女優: Maika、さとう遥希、愛原さえ、ももかさくら、霧島あんな、長澤あずさ、Alice、大槻ひびき、このは、羽月希
メーカー: ムーディーズ
レーベル: MOODYZ REAL

ネットの口コミ

陶芸歴も長く、とても多趣味なご婦人です。
とたんに圭子のからだは、私の胸にくずおれてきました。
この刺激は強烈でした。
里子がやりたくなったときに私の家にやってくるのです。
親指を顎の下に当て、より力を加える。
両方が程よいバランスで痛められます。
暫らくして、リヴィングに行って見ると、女たちは紅茶を欽みながら、学校の話題や他人の噂話といった他愛の無い会話に熱中していた。
ベッドの上に身体を起こし、枕元の時計を手にとって見ると、眠っていた時間は、ほんの僅かな時間だったようでした。
実は、加奈子とは、これまでにも、何度か食事や酒を通じで、なんとなくいい関係になっていたのです。
「え、いいの?」
そして声をかけられると、簡単にホテルへついていきました。
肉ザオを抜き差しさせると反撃するように彼女もわがケッメドに指を抜き差しさせる。
ふっと我に返った時には、すでに彼の腕の中でした。
その日の夕方、大学の講義を終えた私は麻美の家に向かいました。
この奥に、男を狂わせる膣が息づいている。
家や農地のことは、分家である私の兄の次男である甥が、借り受けることになった。
時には朝方のセックスのあとクタクタになって眠り込み、ホテルの仕事に遅刻することもありました。
わたしは冷静を装いながら、女将を見下ろす。
「ここが、どういうお店か、ご存知ですよね」
「アーッ、大旦那さま快い快い快いわあ、でもそれだけじゃダメ、旦那さんみたいにオ×ネもくじってくれないと」
可愛らしい顔が、日本人形のように瞳を閉ざしていた。
綺麗事で娘を幸せにしてやれるのかと、お金の工面に悩みもしない夫に腹立たしくもありました。
男はソムリエと井田氏、それに私の三人のみ。
こんなモノを手にしたら、もう愛撫なんて目ではありませんでした。私は、挿入を叫んでいました。
恩着せがましい態度が許せなくて、また叩きました。
「わかってる」
だったら私だって。
「いらっしゃいませ」
私は必死に耐えていましたが、次々と襲ってくる刺激に我慢できなくなって喘ぎ声を上げながら、仰け反っていました。
S婦人は確実に私を誘惑していた。
安いっぽいベッドシーンで三流女優があげるような嬌声を響かせながら、私ははしたないばかりにアクメに達してしまいました。
「どこに挿れて欲しい」
幸恵もよほどたまらなくなったのであろう、いっそう鼻声を荒立て、

MOODYZファン感謝祭 バコバコバスツアー2012 小悪魔痴女たちの誘惑大乱交SP

サンプル動画