ノーパン・ハイスクール 4

タイトル: ノーパン・ハイスクール 4
キーワード: 学園もの、乱交、女子校生、レズ、放尿、デジモ、独占配信、ハイビジョン
女優: さとう遥希、初美沙希、篠田ゆう、椿アリス
メーカー: プレミアム
レーベル: GLAMOROUS

ネットの口コミ

ただ、経営にはほとんどタッチしていないらしく、暇つぶしで陶芸教室に通っているとのこと。
「あなたかその気になってくれるのなら、僕は、応援しようと思っている」
「んもう、しょうがない子ね。じゃあ教えて上げる。お尻の穴から三センチくらい下のところに指を押し込んでごらんなさい」
まあ、定年退職して隠居している身ですからね。
「だから?」
「ううーん、あ、あああ、あああん」久しぶりに物体が挿入されたヴァギナは、驚きを隠せずに震えだしています。
私がバスローブ一枚でダブルベッドの上に仰向けに寝ていると、女が私の隣に正座をして、三つ指を突いて頭を下げた。
私のその思いは、もう執念にも近いものになっていたのかもしれません。
一つの先制パンチでした。
その憂いある表情が、時には私を興奮させてくれる。
夫の精子に受精能力がないと診断されたのです。
ホテトル嬢の見え透いたお世辞にもわが憮然度は増すばかりで、
液体に滑って、気付いた時には彼の指は付け根まで深々と私の中に潜り込んでしまっていたのです。
「お、おい。麻美くーん」
と言いながら尻を軽く叩いた。
「私もそう思っでたんだよ」
ことを間き出しました。
「あなたが穿いている靴下を私に渡しなさい」
布団の中でうつらうつらしながら昔の歌謡曲などを聞いて、若かりし頃の懐旧にふけっています。
糸子は辺り構わず善がり声を響かせたと思うと、
いきなり言われ、ママさんがキョトンとする。
「これでも私はあなたよりもずっと人生の先輩よ。困ったことがあったら遠慮しないで頼って頂戴。紘子さんとは一度ゆっくりお茶したいと思っていたの。いつでも遊びにいらしてね」
「ふう~む…」
尾行する足がワナワナ震え、心臓が早鐘のように打っていました。
「いいんですか? ホントに」
千代によると、雨もようやく止んで、土砂崩れも大事にはならなかったようです。
「もちろんですわ」
私は彼女を布団の上に寝かせ、かぶさって行きました。
私が再びアクメを迎えた瞬間、吉崎ざんから放出された液体が喉に注ぎ込まれました。
「じゃあ」
仲のいい奥さんの味方でいたつもりでしたから、何か証拠があればそれを押さえてやろうという気持ちもあったのは本当です。
「あふン、あふン」
そんな話をふと幸恵に洩らしたことがあった。

ノーパン・ハイスクール 4

サンプル動画