さとう遥希・ベスト 4時間

タイトル: さとう遥希・ベスト 4時間
キーワード: 潮吹き、ベスト・総集編、4時間以上作品、単体作品
女優: さとう遥希
メーカー: h.m.p
レーベル: h.m.p

ネットの口コミ

そう言って唇を重ねたままスカートの中に手を滑らせ、下穿きの中に侵入してみると、なんと秘め所がもうジュクジュクに潤んでいるではありませんか。
「きみこそ、強いひとだ」
濡れ谷間をいじり回しているうちに私の中に猛烈に湧いてきたのは「匂いを嗅ぎたい」という思いでした。
それで、寝ないで会社に行ったこともよくありました。
私は飛び上がらんばかりの気持ちを抑え、冷静を装い、とにかく表へと定子を連れ出した。
夫には、渡辺さんと暮らすことを宣言して。
「はい、それではご一緒させていただきます」
途中で体位を変えて、ベッドの上で四つん這いになった私は、お尻を抱え込むようにして背後から挿入してきた先生と交わりを統けていました。
手マxコという言葉は、女子学生から教えてもらった最新のギヤル語らしいのです。
社長時代にも何度か足を向けたことはあるが、全部が取引先の接待だったので自腹で、しかも一人で出向くのには多少恥ずかしくもあったが我慢した。
夫は、相当ショックだったのでしょう。
女にしゃぶられてヨガるなんてもっての他!と自分に言い聞かせましてな。
もう、セックスはすっぱり諦めて、すっかり毒気の抜けたおじいさんでも茶飲み友達にしようかしら。
私は驚きの声をあげてしまいました。
葉月も真剣にボールを追いかけている。
彼女の荷物が運ばれてくると、いよいよ部屋は息苦しくなり、
「ねえ、私もナイトクラブに連れていつてよ。仕事の邪魔はしないから、いいでしょう?」
退職金に年金、子供たちの養育費も必要ないので、時間とともに金にも余裕がある。
聞くのは、いつも深夜というか明け方です。
「何をいう、そんじゃ治りたくねえのか?」
まったく神を怨みたくなる。
結婚して間もなく妊娠して、私たち夫婦に娘が産まれました。
「せいぜい頑張ろうぜ、ご同輩!」
まあ、そういうこともあり得ないことではないでしょうが、やがて休日まで出勤するようになったので、私の疑念はますます深まるばかりでした。
後列がサロンタイプになった観光バスの中で、サロンに陣取った一団が、酔った勢いでハシャギまくってました。
幸い、酔っていたおかげで早漏にはなりませんでしたが、それでも奥歯を食いしぱって堪えなければなりませんでした。
私のあそこは食虫花。
通されたの四畳半ぐらいの次の間つきの部屋で、奥の部屋が寝室になっているみたいでした。
その日、吉崎さんは私のお尻の穴をそこ専用の細いバイブで弄び、私は全く未知の快感に酔いしれて…。
花を愛でる気など毛頭なく、D爺さんは相変わらず婦人にべったりだし、他の連中も何かにつけて近寄っていく。
ずっと家庭優先でしたので若い頃の女友達との付き合いをおざなりにしてきたツケが、今となって、誰も友達がいないという形でまわってきています。
年齢は五十過ぎでお手伝いさんの若さに嫉妬し、そして綺麗なお手伝いさんをこき使っている。
「ハァー、ハァー」

さとう遥希・ベスト 4時間

サンプル動画