放課後着せ替えダッチワイフ

タイトル: 放課後着せ替えダッチワイフ
キーワード: ロリ系、4時間以上作品、コスプレ
女優: 小嶋沙良、松嶋ひかり、夏目優希、成瀬心美、木村つな、さとう遥希
メーカー: プレステージ
レーベル: RECOMMEND

ネットの口コミ

その日の陶芸教室が終わり、粧車場で車に乗ろうとしたところで綾子さんから呼び止められたのが始まりでした。
圭子のほうから声をかけてきました。
「ないです。だからオナニーする時も女の人のアソコはボーッと霧がかかったみたいになっているんです」
歳をとったからじゃない。
私はそんな乳房を揉みながら、顔を押し付け、乳首を含む。
私は、不思議と悲しいとば思いませんでした。
「はあ、そう言うことですか、今度は自社用ですね」
私が黙って頷くと、
あるいは、祖父が大銀行の役員だったという話しも聞き及んでいるのかもしれません。
しばらくは我慢していた。
その後、夫の実家に報告に行くと、お姑さんは半狂乱になって嘆きました。
はっきり言って気持ち良かったです。
と思わず怒鳴り声をだせば、相手も
麻美の叫び声が閉こえました。
ジュッチャヌッチャと性器の交わりが響く。
ベッドもシングルからダブルへ替えたのでいよいよ狭くなり、あれこれと不都合ができてしまった。
照雄の部屋にはベッドがあり、それも私には
そんな艶ぽい姿を見て、わたしは心穏やかでなくなる。
エロい雰断気が感じられません。
そこへ追っかけに、伝兵衛から呼び出しが来たのである。
その愛らしい姿に、わたしの胸が高鳴った。
(に、にじゅうまん……)
それを舐めるというより音を立てて畷った。
せつな、私の胎道は業火と包まれ、
最近の女性は本当に元気がいい。
私のそばに残ったのは綾乃という三十過ぎの女でした。
藤枝氏の太い指先が背骨の脇をなぞりだした途端、私の腰の奥がぞぞっと疼き出した。
胸を隠した腕をそっとふりほどき、乳房を手のひらで包んで揉みしだいてみました。
朦朧とした意識で何とか目を覚ますと、目隠しは外されていましたが、手錠はかけられたままでした。
気の迷いと言われればそうかもしれない。
ご主人も既に始めていたらしく、グラスには飲みかけのお酒と、灰皿には何本もの吸殻がありました。
奥さんが指をえぐるように回転させて俺の直腸内部を擦る。
私が昂りを深めるにつれて、サチコの奔放さも増していく。

放課後着せ替えダッチワイフ

サンプル動画