イカセ4時間BEST 4 ~カリスマアイドル限定スペシャル~

タイトル: イカセ4時間BEST 4 ~カリスマアイドル限定スペシャル~
キーワード: 4時間以上作品、潮吹き、ベスト・総集編、巨乳、クンニ
女優: 神咲詩織、つぼみ、さとう遥希、木下若菜、風間ゆみ、青木美空
メーカー: ケイ・エム・プロデュース
レーベル: million(ミリオン)

ネットの口コミ

一度食事を共にした間柄で、「いつか一緒に旅行にでも」と話していた矢先のことでした。
圭子はその座布団を脇にどけ、畳の上に正座してこう言いました。
二人のくぐもった声がガラス越しに聞こえてきて歯軋りしました。
相手の女だって、「あなたって、ほんとにスケベなんだから」と言いながら、まんざらではないと満足する。
私は彼女の髪を撫ぜる。
「さあ、行きましょう。ゴルフは楽しいですから!」
私の目の前で女の大きなおっぱいが揺れでいる。
そうするうちに、私は痛さの中に少しずつ快感が込み上げてくるのを感じていました。
コンパの最中、私は、ずっと女性の体のことを考えていました。
かすかに頬を赤らめながら看議婦は乳飲み子に含ませるように私に乳豆を与えてくれた。
夫の両親との同居は、夫の両親がまだまだ現役で働いていたこともあって、今すぐに同居するのではなく、もっと先になってからということになりました。
「いじめて。もっといじめて!」
「ワインのコレクションにはちょっと自信があるんですよ。
「い、いやっー先生、覗かないで」
「大丈夫だ。もう誰も来やしないさ」
そのうちにとても気持ちよくなって精液が出てしまう。
その甲斐あってか、ある日、私はとうとう彼にデートに誘われました。
「え?」
サディステックな態度で両足を広げて、臭いチ×ポをグイグイと娘の口に突き立てます。
「もっと股さおっ広げろッ」
ショッピングセンターに寄ってから、いよいよマンションに向かう。

ビールをジョッキ一杯でも真っ赤になってしまう。
(本当に、技術畑の人間に夜勤の警備の仕事までさせるのかしら)
眉間に縦ジワを寄せて彼女が呻きます。
千代は顔を左右に振り、私を見て微笑みました。
ヘビースモーカーではないけれど、学生時代からの愛煙家の私は、煙草が切れると不安になる。
私は手早く体を流し、彼女の横に滑り込んだのです。
私は必死に耐えていましたが、次々と襲ってくる刺激に我慢できなくなって喘ぎ声を上げながら、仰け反っていました。
そのとき、足がもつれペタリと床にしゃがんでしまう。
うちの主人は相変わらず帰りが遅く、時間潰しに観ていたテレビドラマも面白くなかった私は、また玄関の外に出て、お隣のドアの前で様子を窺ってみたのです。
「挿れて、挿れて、ああン。おチ×ポを挿れてぇ」
と言うだけで、はっきりとした返事はなかった。

イカセ4時間BEST 4 ~カリスマアイドル限定スペシャル~

サンプル動画