魅惑のランジェリーズ 下着に身を包まれた麗しの美女達8時間

タイトル: 魅惑のランジェリーズ 下着に身を包まれた麗しの美女達8時間
キーワード: ベスト・総集編、ランジェリー、デジモ、独占配信
女優: Hitomi、大橋未久、乃々果花、JULIA、Maika、青山菜々、佐山愛、めぐり、長澤あずさ、月野りさ
メーカー: ムーディーズ
レーベル: MOODYZ Best

ネットの口コミ

あの綾子さんはさすがに話には加わりませんでしたが唇を噛みしめてじっとうつむき、その表情からは嫉妬を通り越して怒りの炎が立ち上っていました。
当時及川道子という女優がいましたが、まああんなようなタイプの美人で、理知的で涼しい目がどこかはかなげでもある気配を漂わせていました。
「あったかくて柔らかい。なんだかジメジメしている。蒸れているみたいだ」
旅館の部屋に入って里子は、「あなた、最初から私の体を狙っていたんでしょう?」と言いました。
定子の部分は早くもしっとりと潤んでいた。
ゆっくりと腰を前後させながら、指先は蕾をこねて。
しかし、子持ちの人妻らしぐ乳首は大きぐ変形し、乳輪は褐色に色素沈着していた。
と、私は小さく叫んで胸と股間を手で隠し、両脚をとじ合わせてしまいました。
特に、女性を虐めるのはたまらなく愉しいものだと思っています。
看護婦は私をいつも心配そうに見つめてくれた。
いっそのこと、きちんと病院で検査をしてもらって、不妊症なら不妊症だという証明をもらってこいと言ったのです。
ただ、愛撫はさすがに念が入ってました。
最後は決まって大喧嘩。
子供の学力低下が声高に叫ばれている昨今ですが、大学生たちのレベル低下も間違いなく進んでおります。
俺は再び尻を強く叩いて促した。
こんな大都会で、上手に学生生活を送れるのだろうかと不安でならなかった。
そのほうが男性と知り合う機会が多いと思ったからです。
俺は、そんな女の姿に興奮を覚え、にじり寄っていく。
それでも二回目の放送では、タレントがドライオルガスムスに至るまでの実況放送をしていたようで、あえぎ声が流れてきました。
今度こそ止どめを刺してやるぞ、といわん許りにシュシュと抜き差しさせる。
「さあ、ヒサミちゃんも少し飲みなさい。きょうは宵宮だから」
ですが臭うおぞましい勃起をしゃぶりながら、自分の敏感な胸の突起からキュンと甘美な電撃が体を走り、ショーツの中で雄々しい感触に飢えた姻肉がヒクヒクとわなないてしょうがありませんでした。
このホテルは駅の改札口横の通路を通ると直接チェックイン可能という、当時としては珍しいタイプで正面玄関からの出入りする姿を見られないところから、遊び人の穴場として利用され、『隠れたラブホテル』の別名があった。
(よくぞ、還暦のこの年まで夫婦仲がもったものだわ:…)
前合わせの中にスーッと手を差し込み、内腿の滑らかな感触を味わいながら、アソコへと突き進みます。
「ああ、ええ、ええでぇ」
大好きな福山雅治にそっくりの似顔絵が、あった。
とくに乳房を強く吸うと、オマ×コの締まりがいいので、チ×ポを強く突き入れておいて乳首を強く噛んであげたのです。
「ほおら、こっちの穴もたっぷりとかわいがってあげるよ」
「本当です」
木原さんの奥さんも、彼に抱かれた体が、子供と夫を捨てる決意を孕んだのだと思いました。
「ああン、決まってるじゃない」
怒った弓子が「許せない」とばかりに子供を連れて出て行き、結局は離婚というはめになってしまった。

魅惑のランジェリーズ 下着に身を包まれた麗しの美女達8時間

サンプル動画