さとう遥希16時間BEST

タイトル: さとう遥希16時間BEST
キーワード: 単体作品、ベスト・総集編、美少女、巨乳、潮吹き、独占配信
女優: さとう遥希
メーカー: ムーディーズ
レーベル: MOODYZ Best

ネットの口コミ

「んもう、内海さんたら。あなたってあたしが手を貸してあげないと何もできない人なんだからぁ」
と、私の顔の横に置いた手を立てて上半身をのけ反らせ、わななくようにからだを震わせたかと思うと、次の瞬間がくっと力が抜けて私におおいかぶさってきました。
「じゃあ松岡君のも見せてちょうだい。あたしのだけ見せるなんて不公平でしょ?」
亭主が南米のペルーに単身赴任して、いまは子供二人と暮らしています。
定子は虚ろな目で挿入をねだる。
「ひいっ!」
「ドラゴン企面のタマキです。子約通り十時から二人、ええ、一人は若いので、もう一人は人妻ということでお願いします。
あまりの気持ち良さに、私はビクピクと内股を震わせて、
加奈子は恥ずかしそうに横を向きました。
「私で元気になってくれるのなら」
どう?私だって一人前の女なのよ…。
と面食らって聞いても年増ホテトル嬢はニヤニヤ笑っているだけ。
でも、逃げ通すのもできない相談です。
「先生が君のお尻を拭いてあげるんだよ。遠慮しなくてもいいからね」
ジュッチャヌッチャと性器の交わりが響く。
彼女は、さよならを言ってはくれなかった。
その日、私は憧れのベッドの上で、初めて照雄に抱かれました。
おそらく、残飯でも漁っているのだろう。
いつものように「ラジオ深夜便」を聞こうとダイアル(ラジオのです)を捻っていると、某民放局の番組で「ドライオルガスムス」について話しが盛り上がっていました。
今度こそ止どめを刺してやるぞ、といわん許りにシュシュと抜き差しさせる。
「うふふ、あなただったらよかったのにネ」
お尻が感じてきてしまってるのが怖くなった私は、夫への繰なんてどうでもいいから普通のセックスをせがんでしまいました。
すると、
しかし私がいくら問い詰めても、
完壁に脈ありです。
白い指に包まれたとき、私は傘を手から落として、射精してしまったのです。
単身赴任中の夫の代わりを務めようと思っているわけでもあるまいに。
私は彼女を抱きかかえ、布団まで運んだのです。
だいたいは私より年上のおじいちゃんばかり。
「じゃあ」
何度かお茶飲みに来た時から見ていたブランデーをご主人が私の為にグラスに注いでくれました。
「さあ奥さん、隠しても駄目だよ。本当はマゾなんだろ。白い液がおま×こから溢れてくるじゃないか!」
「さっそく、裏を返しに来てくれたのね」

さとう遥希16時間BEST

サンプル動画