極・縛馬 其の三 さとう遥希

タイトル: 極・縛馬 其の三 さとう遥希
キーワード: 凌辱、拘束、巨乳、美乳、潮吹き、単体作品
女優: さとう遥希
メーカー: MAD
レーベル: 嵐(MAD)

ネットの口コミ

インテリジェンスあふれる豊満な肉体の持ち主で、触れ合っている腕からは体の温もりがほんのり伝わってきました。
「あなたのおちんちんのかたち、わたしにぴったりだわ。ああ、あ、あ……じっとしてるだけで感じちゃうわ」
予想どおりでした。
乳房も、とても子供を二人産んだとは思えないくらい、しっかり張り詰めて膨らんでいました。
定子の部分は早くもしっとりと潤んでいた。
的確にターゲットを責められ、私は逃れられない興奮に包まれていきました。
そんな中で、私の上司の部長が手拭で頬被りをして泥鰭掬いを踊っている。
私はそう言って彼を慰めたつもりでしたが、彼は相当に気まずい思いをしたみたいでした。
加奈子とはその地下街でばったりと会ったのです。
「も、もう、終わりかな……」
ことあるごとにお姑さんは私を罵倒しました。
実はあれで病み付きになってしまったんですわ、前立腺マッサージのケツメドいじりが。
キッチンのテーブルにはワインと相性のいいオードブルがきちんと並んでいて、またまたびっくり。
麻美という学生で、学習態度も実に真面目な女性でした。
俺は少々戸惑ったが、愛想を良くした。
村へ続く道に沿って立ち並ぶ古びた電柱が、時折強い風に泣いていた。
淋しくて退屈でした。
女の着ていたシャツは襟元が大きく開いていて、乳の谷間がはっきり見える。
つまり一言で言ってエロ度が低いのです。
遂に粗相をしてしまった糸子が、消え入りたき風情で赤くなっていると、
手持ちぶさたに突っ立っている。
でも彼は意地屈い解釈をしてぎたのです。
「あっ、あっ、いい~っ。あっ、いい~っいく~っ、いっちゃう~っ!」
西島の口唇は、迷うことなぐ過敏な肉粒を捉えていました。
ですが、虫も殺さないような顔で近づき、こっちの弱みに付け込んで異常なプレイを要求する根性は許せませんでした。
「あんたも一緒にどう? T旅館に泊まっとるんよ」
突き出したままの掌に千円札三枚を握らせると、新一はそのままぷいっと出て行ってしまった。
その声に反応してあっという間の射精でした。
「何?……何なの? 吉崎さん?」
Kさんは私に抱ぎつき、目を閉じて唇を突きだした。
仲のいい奥さんの味方でいたつもりでしたから、何か証拠があればそれを押さえてやろうという気持ちもあったのは本当です。
安い今が絶好の買い場です」
だが、中に入ってみると、興昧をひかれる光景が目に飛び込んで来た。

極・縛馬 其の三 さとう遥希

サンプル動画