僕の性奴隷ペットになった兄嫁 2

タイトル: 僕の性奴隷ペットになった兄嫁 2
キーワード: 拘束、クンニ、調教・奴隷、人妻、巨乳、単体作品
女優: さとう遥希
メーカー: プレステージ
レーベル: Cherish

ネットの口コミ

「いや! あなたのような浮気な方には何も許してあげない」
圭子は、戦争未亡人でした。
大家さんは私にセックスを指南しながら自身も高ぶっていたのかもしれません。
しかし、その真っ白な太腿は、むっちりと肉付いていて、なんとまあ女くさいことか。
「だから?」
夫は若い頃から大のゴルフ好き。
感じやすそうな薄ピンク色の柔らかそうな耳だ。
そして、先生に抱かれて幸せだったと思います。
「ふと、思ったのですが、加奈子さん、オナニーは週に何度くらいしますか。まさか、そんなことはしないなんて、無粋なことはいわないでしょうね。健康な女性なら、誰でも、週に何度かしますからね」
日に日に身体が弱っていくのが自分でも分かる。
私は二十五歳のときに、職場で出会った男性と結婚しました。
しかもケツメドに分け入った指がウネウネと妖しく蠢いてわが直腸を責め立ててくるのです。
この答えならば、更なる追求も受けまいというのは表向きのこと。
おもわず駆け寄った私の胸に、麻美が抱きついてきました。
これは意外と気持ちいいぞ。
たしかに美登利は若くてきれいだが、正直なところ、あの高校時代の超美少女だったころからすると、美貌の衰えはまぬがれなかった。
当初は新妻気取りで甲斐甲斐しく働いていた私ですが、セックス三昧の毎日を送るうち、しだいに掃除や洗濯もお座なりになり、食事も店屋物で済ませてしまうなど、お気楽なものでした。
四十半ばと思しき清潔で大人しそうな奥さんである。
いつまでも、咥え続けさせるのもかわいそうなので、発射モードに切り替えて、フィニッシュとしました。
早くも善がり声の連続だ、藤右衛門は齢甲斐もなく有頂夭になり、
を言ってから。
二万や三万程度なら私は二度とあんな真似はしないと忘れる努力をし、受け取ってしまったお金は自分のコスメ代にでも使ってしまったでしょう。
「あっ、あっ、そ、それえ~っ。いい~っもっと動いてえ~」
私のどこをどう刺激すれば、狂喜乱舞するか熟知していたのです。
あふれたヨガリ汁は内腿にダラダラ垂れて、畳にシミを作ってました。
「あにやんには、ちと目の毒やなぁ」
お互い名前しか知らない初対面同志。
「おれは乳が大きな女がいいな。おもいっきり揉んで、吸いたいんだ」
「ほおら、こっちの穴もたっぷりとかわいがってあげるよ」
そんな中に自分も含まれていることに今更ながら驚いてみたりもする。
ご主人が照れたように笑い、それで私は布団を凝視していたことに気づいて、慌ててグラスの中の液体をゴクリと飲んでしまいました。
まあ、ありふれた想像だが、そんなところだろう……。
ことに実家がすっかり零落してしまったのが致命的で、それこそ食うや食わずの状態だったのである。

僕の性奴隷ペットになった兄嫁 2

サンプル動画