東京25時 PREMIUM BEST 10時間

タイトル: 東京25時 PREMIUM BEST 10時間
キーワード: ハイビジョン、ベスト・総集編、4時間以上作品、不倫
女優: AIKA、仁科百華、芦名未帆、坂野由梨、成瀬心美、初美沙希、椎名ひかる、Erina、沙藤ユリ、桐谷ユリア
メーカー: プレステージ
レーベル: 美少女(プレステージ)

ネットの口コミ

「ほら、内海さん、この部分がまだ塗り終わってないわ」 釉薬を塗っている私にぴったり寄り添って世話を焼いているのは五十五歳の喜美恵さん。
浴衣の裾が割れて張りつめた白い太腿があらわになっても、気にするふうもありませんでした。
大学が夏休みに入って他の部屋の学生たちが次々に帰省してしまうと、それまで張り詰めていた気持ちが一気に崩れてホームシックに罹ってしまったのです。
風呂から上がって布団に入ったとき里子は、「死ぬ前にちゃんとしたおちんちんを咥えることができてよかったわ」と言っていました。
定子の中が、それこそ「キュッ」という感じで締まる。
「はしたないおマxコだね。ゴルフだけじゃなく、こっちもお上品に育てていかないとね……」
「そう言ってもらえると嬉しいですわ。それじゃもう一度だけね」

基本的に、ベッド以外では決して馴れ馴れしく話しかけないことが何よりの醍醐昧なのです。
私は飽きることなく蜜を飲み込んでいく。
私は、取りつかれたように毎晩毎晩相手を変えてセックスしていました。
泣かせるセリフでした。
真っ直ぐに目を覗き込まれて、私は思わず本当のことを口走っていました。
「どうだい。お尻の穴を舐められた気分は?」
翌週金曜日に、再び葉月は他の受講生と共にコートへ集まった。
それと同時に、美登利へ東京に遊びにこないかと手紙を出したことがある。
おかげで私は支配人に勤務態度のことでお叱りを受け、結局はそれをきっかけにホテルを辞めてしまいました。
友人の嫁さんとつい先月まで不倫をしていた。
全裸になった娘の下腹には経産婦特有の皺が見られて、確かに二十六歳でしょうが、ややシラケさせられました。
婚家先の伝兵衛に呼ばれ、何を言われるやらと心配しいしい行ったところ、離縁の理由は、娘の糸子が夫婦の睦事の度に寝小便をする…とてもこんな嫁は置いとけないというのである。
耳もとで、こそっと囁いている。
それに夫は次男だったので、同居する必要がなかったのも私には幸運でした。
会場ではどれほどの家柄であっても平等が原則で、名前は上も下も名乗らず呼ばない。
自慢ではありませんが、私だって、そうきらいな方ではありませんでした。
その瞬間、三本の指が陰裂にずっぽりとめり込みました。
「堪忍してえな」
「あら、だったら、あなたもどう? よかったらいい人紹介してあげるわよ。私の浮気も大分年季が入ってきてね。友達の輪みたいなのが出来てるの。ほら、いい物見せてあげるわ……」
彼女はベンチに腰掛けていましたが、慌ててバッグを膝に置き、私の座るスペースを開けてくれたのです。

そこに集まっていたのはほとんど同年輩か、年上ばかり。
子供が大きくなると子供同士の繋がりでご近所と付き合うこともなく、唯一、昨年越してきたお隣の木原さんの奥さんとお茶飲みながらお喋りするぐらいしか楽しみもありません。
俺は殴りかかってやりたい衝動をおさえつけ、こいつを見返してやろうと固く決意した。
その届きぐあいが実に心地よかった。

東京25時 PREMIUM BEST 10時間

サンプル動画