騎乗位ディルド自慰

タイトル: 騎乗位ディルド自慰
キーワード: オナニー、おもちゃ、騎乗位
女優: さとう遥希、椎名ひかる、一ノ瀬アメリ、水澤まお、朝桐光、秋野みさき、仲本紗代、菅野由紀、早坂愛梨、夏乃向日葵
メーカー: ワンズファクトリー
レーベル: WANZ

ネットの口コミ

手を焼いた私は彼女を助手席に乗せ、向かった先はラブホテル。
とりあえず圭子を女主人にして、私も銀行をやめて手伝うことになりました。
正直に答えました。
「すごいわ」と里子が言いました。
私の仕事はセールスだ。
渡辺さんのすべてで、私は何度も何度もイカされました。
妻は私にフェラチオなどしてくれたこともないし、私との夫婦の行為では、体位はいつも正常位しか許さなかった。
そうして夏休みを彼と一緒に過ごすうちに、私は松山先生のことを少し忘れられるようになっていました。
若くて独身なら、その子と結婚するという解決策があるのでしょうが、既婚者はそうもいきません。
再入院して、あの看護婦のマxコ汁味わえるのであればいいが、担当が替わるかもしれないし、新しい看護婦も飲ませてくれるとも限らないし、飲ませてくれるといってもこちらから断りたくなるような女に当たるかもしれない。
夫も、以前のようにキチンと帰宅するようになりましたし、夫婦仲も少しずつよくなっていきました。
「ほお、さすがはブロだな。まあまあじゃないか。けど、ワシをイカせるのは簡単じゃないぞ」
そんな風に尋ね返されたのは、初めてのことでした。
「はーい」
俺は思わず声を上げそうになった。
村へ続く道に沿って立ち並ぶ古びた電柱が、時折強い風に泣いていた。
ただし、どの男性も心から好きになったわけではありません。
俺は、そんな女の姿に興奮を覚え、にじり寄っていく。
自称二十六歳だという元気で明るい娘でした。
紫色した塊物の先で、ヌラヌラになっている空割れを擦り擦りジワジワジワジワッと一寸刻みに陰門の中へ押し込んで行く。
「だめよ、だって引き寵りが直らないから」
「こりゃ感度のいいケツ穴だね。奥さん、マx汁がこんなに太腿に垂れてきちゃって」「ああ…やっぱり嫌。指を抜いて……そ、そこは嫌……普通に抱いて……」
自ら腰を上下に動かし応じている。
まさに、現行犯でした。
恩着せがましい態度が許せなくて、また叩きました。
「堪忍してえな」
ツツーッと愛液が滴り落ちでいぐ。
売春婦でも買おうと思っていた矢先でしたので大歓迎です。
それなのに、腰が欲しがるようにくなくなと捩れてしまうのです。
けれど、Kさんとの体験、そしてS婦人のことは忘れることができない。
こんな私の体に触れたくてしょうがないとでもいうように、荒々しく乳首を啄ばみ、秘処の敏感な部分に押し付けた熱い舌先で、何度も何度も私をなぞるのでした。
だが、俺にだって武器はある。
いや、仮面を剥いで本性をあらわにして豹変した幸恵には、ほとほと嫌気がさして愛想尽かしをしてしまったものの、惚れ抜いてしまっていたのはその肉体の魅力だけなのが偽りのないところだった。

騎乗位ディルド自慰

サンプル動画