さとう遥希 BEST

タイトル: さとう遥希 BEST
キーワード: 4時間以上作品、ベスト・総集編、巨乳、単体作品
女優: さとう遥希
メーカー: グローリークエスト
レーベル: GLORY QUEST

ネットの口コミ

たぶん綾子さんを助手席に乗せた現場を目撃して、私の車の後をつけてきたのでしょう。
そうしてまた、がくんと私の上に落ちてきました。圭子は、これでもう思い残すことはない、と言いました。
拗ねたように甘えて衣服の上から乳房を探ったのです。
布団の中で私はもう、その白くむっちりとした太腿ばかりむさぼってゆきまLた。
「私、ちょっと横になりたいです」
「もちろんですよ。上手になって、皆を驚かせましょうよ」
そこには、私の妻が立っていたのだ。
キュンと弓なりに背筋を反らせた私は、ガクガクと腰を弾ませてオルガスムスに達していました。
私は腹の底から怒鳴りました。
私は彼女に愛液を飲ませてくれと頼んだ。
自分を全否定されているような気がして、何をしていても子供が産めないということが気になって、生きていることさえ辛くなっていたのです。
うまく説明できませんが凌辱する快感と凌辱される快感を両方同時に味わえるのです。
特に膣内の乾燥は激しく、更年期以前には欲情していない時でもぬるぬると湿っていたのが、まるで干上がった井戸のようになってしまったのです。
私はどうしても一線を踏み超えることはできませんでした。
「その前に、やってほしい事があるんだよ」
私の唾液も加わってか、スリットがヌルヌルに潤んだので、このタイミングを逃さないように身を重ねると、勃起が完全ではなかったが、グイーッとねじ込まれたのである。
「ねえ、もっと頻繁に会いたいわ。私は毎日あなたのことばかり考えているのよ」
まさかこの年になって熟女とはいえ、小生よりずっとずっと若い女と付き合えるなどとは思ってもいませんでしたので、小生は天にも昇る気分でした。
十五分ほどして、ホステスが現れました。
「戻されるに事欠いて、寝小便とはなあ」
クスクス笑いが、大笑いになった。
私は夫の仕事には首を突っ込まないでいたので、昨年の秋口、急にお給料を持ち帰ってこられなくなるまで何も気付いてなかったのです。
「そのままひっくり返ってくれ」
すると、西島は私の耳にとんでもないことを囁いてきたのです。
つまり、早く叩けという意思表示?
部屋は簡単に片付けられ、少し開けた雨戸から朝の光りが差し込んでいました。
「大丈夫よ。実はね、私は、ずっと前からお小遣いをもらうようにしてたの」
もう三人とも目がギラギラしています。
その日は、吉崎さんが私のマンションに泊まりに来ていたのです。
「ええ、もう私たちは他人じゃないんだから」
自分の家に戻ってから、どう思い起こしても木原さんの奥さんがあんな華奢なミュールを履いているところを見たことがなく、私は気になって仕方なくなりました。
まあ、ありふれた想像だが、そんなところだろう……。
布団からは女の脂粉と汗の染み込んだ匂いが鼻をついた。

さとう遥希 BEST

サンプル動画