日焼けあと 遥希

タイトル: 日焼けあと 遥希
キーワード: その他フェチ、潮吹き、レイプ・強姦、羞恥、企画、単体作品、デジモ、独占配信、ハイビジョン、DVDトースター
女優: さとう遥希
メーカー: ムーディーズ
レーベル: MOODYZ ACID

ネットの口コミ

「あはん、んもう。これからは絶対に喜美恵さんの隣に座らないで。あの人、男漁りが目的で教室に来てるのよ。そんなふしだらな人に近寄らないで」
父とは、まあ見合いのようなかたちで知り合ったと聞いています。
大学が夏休みに入って他の部屋の学生たちが次々に帰省してしまうと、それまで張り詰めていた気持ちが一気に崩れてホームシックに罹ってしまったのです。
そうしていつのまにか、どんなときに体が疼いてくるのか、というような話になってゆき、気がついたら二人でホテルにしけこんでいた、ということになるわけです。
「くっうう!」
「真佐子さん、あなたも今夜は帰らないですよ」
呆然とする私を尻目に、妻は長い髪の毛を靡かせてエレベーターの中に消えていった。
夢……?
これほど潤った蜜丘はあまりなく、亀頭が氣持ちよさそうに膣の中で泳ぎ、そして、気が遠くなるような射精を迎えることになりました。
これからも女の愛液を啜って欽んで、百歳まで生きてやろうと思っている。
ガックリとうなだれ、今にも泣きそうな顔をしていました。
「絶対に勃つな!」
「ああ…、だめ……」
しばらくしても帰ってきません。
突っ込んでやるか。
私の唾液も加わってか、スリットがヌルヌルに潤んだので、このタイミングを逃さないように身を重ねると、勃起が完全ではなかったが、グイーッとねじ込まれたのである。
そうこうするうち、若くてハンサムな男性客が、ちょくちょくティールームに現れるようになりました。
俺は女の中を指で掻き混ぜながら、ズボンとパンツを脱ぐ。
「奥まで咥えてしっかり舐めないと、いつまで経っても行かないぞ」
浅吉は面喰らってしまった。
まさか、女房が先に逝くなんて……。
夫のある身でそこまでしてしまっていいのか一瞬戸惑いましだが、その時は体がおかしくなりかけてて、私ったらお金よりも男の体への飢えが切実で、その場で契約に応じてしまいました。
「う~む、穴がひくひくしている」
「な、何ですって?目には目を……?やり返せっていうの?」
ですが、虫も殺さないような顔で近づき、こっちの弱みに付け込んで異常なプレイを要求する根性は許せませんでした。
雨戸の隙間から差し込む光りが一筋、千代の九い背中に走り、白いうなじを照らしていました。
穏やかそうに見えるのが唯一の長所。
私はポケットからお金を出して、
吉崎さんが、私のお尻の穴に、ぬるぬるとしたオイルのようなものを塗り付けて、もみほぐしているのです。
週に二回、決められた時間に通い続けた私はしばらくするとその句会に異様な雰囲気があるのに気付いた。
おかげで、我が家はとうとう自分の家を持つこともなく、結婚当時から同じ団地に住み続けています。
まあ、ありふれた想像だが、そんなところだろう……。
妻の弓子との交わりは回数も少なく、変化のあるものではなかったが、五年経つうちには一男一女までもうけ、夫婦間にもさしたる波風は立たなかった。

日焼けあと 遥希

サンプル動画