アンナと遥希 安城アンナ さとう遥希

タイトル: アンナと遥希 安城アンナ さとう遥希
キーワード: 乱交、潮吹き、顔射、デジモ、独占配信、ハイビジョン
女優: 安城アンナ、さとう遥希
メーカー: アイデアポケット
レーベル: ティッシュ

ネットの口コミ

一度食事を共にした間柄で、「いつか一緒に旅行にでも」と話していた矢先のことでした。
あなたは強いひとだから、幸せにならなくても生きてゆけるのよ」
「出るよ。出る! 好きだよ!」
すぐに両手でそれをつかんだ里子は、はにかんだように目を細めながら少しのあいだ見つめていたが、やがて目をつむってそろりとくわえこんできました。
私の粗末なものを受け入れながら、瞬くようにいった。
短く、太い指先が、私の体の上では、驚くほど繊細に動くのです。
女のウエストは細かったが、それでも骨盤は人妻らしぐ横に広がっていた。
「二人とも初めてなんだから気にしないで」
「加奈子さんが初めてだと聞いて、ポクは、すべてを指導してあげようという気になっているくらいだよ。正しい『女の作法』を知らないとこの先困ることになる。だから、加奈子さんは、ただ素直に従うように心がけることです。ボクは、昔から素直でない子が大嫌いなのです」
これからも女の愛液を啜って欽んで、百歳まで生きてやろうと思っている。
ある日、お姑さんがやってきました。
引きつった声で年増ホテトル嬢が答えました。
「さ、そのマットの上に座って……」
「どうだい。お尻の穴を舐められた気分は?」
葉月を壁に押し付け、硬く膨らむ怒張吻をジーンズ越しに、彼女の太腿へ押し付けた。
権三さんが馬を飼っており、私が小屋へ行くと、嬉しげによく、
私は恋愛にも憧れていましたが、とにかく(セックスを体験したい)という願望が先立っていたので、たまたま言い寄ってきた男に体を許したというのが実際のところです。
便所はあるが風呂のない、昭和の中頃に建てられたであろう、安アパートだ。
「ここが、どういうお店か、ご存知ですよね」
すると藤右衛門は、心配すんな、お父っつぁんにもいったようにわしが治してやるけに…、兎に角、こっちさ来なさってそこに寝てみれ」
だが、店先に、新しい盛塩が積まれていた。
「何よ、紘子さん。またお尻でイッちゃってるんじゃないわよ。今度、私がイク前にあなたがイッちゃったら、私のオシッコを飲んで貰うわよ」
「ふう~む…」
怒りより、悲しみの方が大きかったと思います。
かといって拒否すれば、たちまち暴動に発展しかねないし、されるがままになっているしかありません。
それよりも旅館の裏の増水した川の音がかなり大きくなっていました。
同時に熱い塊がヴァギナを押し広げていっきに抜け出し、私の股間で「ぶじゅ」っと派手な水音を上げていた。
布団の中でも彼女は腰を振って私を求めています。
「ひあああ……んん……っ」

放心状態になった私から木原さんは離れると、
そうしないと株を買ってあげないと言うのだ。
幸恵との淫欲でのみ結ばれた関係も、私の結婚後五年間はつつがなく続けられていた。

アンナと遥希 安城アンナ さとう遥希

サンプル動画