東洋一のクビレ巨乳 8時間

タイトル: 東洋一のクビレ巨乳 8時間
キーワード: 独占配信、ベスト・総集編、スレンダー、巨乳、巨乳フェチ、騎乗位
女優: さとう遥希、成瀬心美、JULIA、椎名ゆな、小泉真希、知花メイサ、滝川ソフィア、一色まりな、今村なつ、愛沢有紗
メーカー: E-BODY
レーベル: E-BODY

ネットの口コミ

「はあ?」
「でも、あなたのほうが、ずっとすてきよ。わたし、あなたに見つめられると、からだが熱くなるの」
「じゃあ松岡君のも見せてちょうだい。あたしのだけ見せるなんて不公平でしょ?」
いま里子とは、週に二、三回会っています。
さほど太くも大きくもない肉棒に貫かれながらも、定子は悶え、喘ぐ。
返す言葉が見つからない私。
「そんなに見つめられると聡ずかしいわ」
そんな私の反応に驚いて、先生は、
「わたくし…」
再入院して、あの看護婦のマxコ汁味わえるのであればいいが、担当が替わるかもしれないし、新しい看護婦も飲ませてくれるとも限らないし、飲ませてくれるといってもこちらから断りたくなるような女に当たるかもしれない。
夫の精子に受精能力がないと診断されたのです。
ケツメドをいじられて恥ずかしければいじり返してやればいい。
「え、ええ……。そう…、とても。本当は、私だって……」
私は大学で教鞭をとる者として、それを肌身に感じているのです。
おお、もう我慢出来ないぞ。
その気にはどうしてもなれなかったのである。
私が「はい」と応じて背後を振り向くと、パンツ一枚でベッドから出てきたばかりの照雄が、凍りついたような表情で立ちすくんでいました。
わたしは名前が昔憧れていた人と同じであること、しかし、その人はすでに他界していることを知らせる。
大人のオモチャでも使って悪戯して泣かして遊びたいところですが、個室ではないので大人しぐ抱いたり吸ったりしながら、隣のボックスをそれとなく覗いて楽しんできました。娘は、こちらの半立ちのフニャマラを一生懸命に舐め上げてくれます。
それが寝耳に水の離縁話…娘の糸子は昨日暗くなってから、しょんぼりとして帰されてきたのだった。
まさか、女房が先に逝くなんて……。
結婚して間もなく妊娠して、私たち夫婦に娘が産まれました。
エラの張り出した真っ黒く淫汁焼けをした自慢の肉棒。
(ウチの人にだって、ここまで情熱的に舐めてやったことはないわ)
痛がって波打つ彼女の尻が妙に刺激的でした。
抜けかかるたびに、褐色の陰唇が淫らにはみ出し、また挿入のときは巻き込まれるように隠れました。
お互いの夫が同業種と分かってから、何かと親しく行き来をしている。
背中から抱いてあげると、チ×ポがぽってりしたお尻に当たっています。
それなのに、腰が欲しがるようにくなくなと捩れてしまうのです。
そんな中に自分も含まれていることに今更ながら驚いてみたりもする。
「もうご主人が帰る時間じゃないかな」
「挿れて、挿れて、ああン。おチ×ポを挿れてぇ」
と言葉を返してきた。

東洋一のクビレ巨乳 8時間

サンプル動画