恥ずかしい失禁 羞恥で溢れだす女警備員の泉 さとう遥希

タイトル: 恥ずかしい失禁 羞恥で溢れだす女警備員の泉 さとう遥希
キーワード: デジモ、羞恥、巨乳、3P・4P、潮吹き、放尿、ハイビジョン、独占配信、DVDトースター、単体作品
女優: さとう遥希
メーカー: Fitch
レーベル: Fitch

ネットの口コミ

「まあまあ、そう怒るなよ。僕が愛してるのはキミだけなんだよ」
圭子はその座布団を脇にどけ、畳の上に正座してこう言いました。
それを見ているだけで射精してしまいそうでしたが、懸命にこらえてムッチリした白い尻を抱えました。
それに対して里子は、まったく普通の女でした。
それほどまでに歓喜の波が彼女を襲っているんだろう。
次第に腰の動きを早めていぐ渡辺さん。
妻は平然と答えた。
と、私は初めての経験にうろたえましたが、先生はかまわずに、そこを優しく舐め続けてくれました。
肉棒がふだんの倍も膨らみ、痛いくらいに反り返りました。
「大丈夫ですよ。そうだ、何か食べたいものはないですか?」
お姑さんとの仲も、同居でないためそれなりに上手くいっていました。
これが二十歳がそこらの風俗嬢のセリフだったら嘘臭くて白けるところですが、年増女の口から聞かされると妙に真実味があるのです。
生理が終わると同時に、男性の物を受けつけなくなってしまったのです。
時間を潰すのは得意ではないので、私は玄関のチャイムを押しました。
俺は想像するだけで、股間が急に熱くなる。
「ああ~ッ」
私はひとりっ子でしたが、両親は店の仕事が忙しかったのであまり子供にかまう暇はなく、私はこれ幸いとレジのお金をくすねては、気ままに買い食いなどしていました。
しかし彼女は、高校を卒業して間もなく、事故で他界していか。
しかし、こちらにすれば、なじみにするほどの娘でもありません。
「判った、ンだば待っとれ……今、わしが珍宝嵌めてやるでよ」
気をつかい、品定めされる自分がうとましかった。
けれども夫は相変わらず苦しい家計の話は避け、夜は私に触れようともせず背中を向けて先にいびきをたてていました。
焦りまくっている様子が伝わってくる。
それでなくても、女盛りの年齢でしたから、いくら抱いてもらっても足りないくらいだったのです。
あふれたヨガリ汁は内腿にダラダラ垂れて、畳にシミを作ってました。
旅館の屋号が染め抜かれたそれを開いて、ぴたりと体を寄せ合いました.外はもう暗く、誰かが入ってくる気配はありませんでした。
いったいどこで会ったのだろう。
返答に困っていると、なんと彼女は、
彼は吉崎さんといって、五十七歳。
その夜は宴会となり、もちろんS婦人もD爺さんも、そしてKさんも参加した。
もう殆ど夫婦生活もなくなっていた私は、自分の体が久し振りに人の手で弄られる感触に反応してしまい、理性よりも相手の指の動きしか感じられなくなってしまったのです。
そう、男の武器だ!
「こいつだ。男はこいつを手で握りしめて、撫りまくって至福の愉しみに耽るんだ」

恥ずかしい失禁 羞恥で溢れだす女警備員の泉 さとう遥希

サンプル動画