極 生中高級ソープ さとう遥希

タイトル: 極 生中高級ソープ さとう遥希
キーワード: 潮吹き、パイズリ、中出し、単体作品、キャバ嬢・風俗嬢
女優: さとう遥希
メーカー: プレステージ
レーベル: 燦

ネットの口コミ

彼女はまだ五十歳ちょっとで、ご主人の経営している設計事務所の役員をされています。
「あなたが近くにいるから…」
歴史に「もしも」はないと言いますが、もしもあの日、いつものようにパチンコをして帰っていたら。
付き合いのないただの知り合いだけの男たちからそう見られているだけだし、それはもうしょうがないことだと思っています。
私は行為の途中、何度か女房の首を絞めたくなる衝動に駆られ、思いとどまる。
「うそみたい、私にもこんな球が打てるのね」
そのたびに女が堪え切れないような喜悦の声を上げた。
そう言って、私は松山先生の脚元に抱きつき、わっと泣き出しました。
あるいは、祖父が大銀行の役員だったという話しも聞き及んでいるのかもしれません。
とはいうものの、私は寝返りを打つのも憶劫なほど弱りきっていた。
そうなると、夫婦仲もうまくいくはずもありません。
ってね。
いつもは
麻美の叫び声が閉こえました。
お互いの舌先は、唾液の海で交じり吸い合い、グッチョグッチョと音を響かせた。
このときの、東京という大都会の印象は、何から何までが急いでいるようで、電車の乗り降りにも、戸惑ったものである。
ところが、彼の仕事はもっぱら夜に集中していたので、私が仕事を終えてから会おうとしてもなかなかスケジュールが合いません。
裸になった女将は貪欲にわたしを求め、最後は馬乗りになって腰を振った。
布団の中でうつらうつらしながら昔の歌謡曲などを聞いて、若かりし頃の懐旧にふけっています。
素旱く着物を脱ぎ棄て褌も取った。
「えっ?」
薄いキャミソールの上をツーッと卑狼に指先を滑らせながら胸元のレースの縁取りの感触を少し楽しみ、私が飛び出さないのをいいことに、その手を下着の中まで差し入れてきました。
嫌がりもせず舌を絡ませてくる夫人。
「くうううう一、く、来るわ、来るわっ、もう強烈なのが来るっ」
「おーら、わめけ。悶えろ。なんならその美貌をひっぱたいてやってもいいんだぜ」
「今は商売抜きの慰安旅行やもん」
午前中、たった一人のバスルーム。
彼女は特別美人というわけでもなく、どちらかというと地味な存在でした。
私は闇に閉ざされた愛撫に身をまかせ、甘やかな感覚に浸っていきました。
私は持っていた杯を落としそうになりながらKさんを見る。
私はお隣のご主人の浮気現場を突き止めてしまった興奮で、さっきまで観ていたつまらないテレビドラマよりこの事実にワクワクしてしまいました。
俺は男の武器を使って大金持の女の顧客をゲットし、俺を侮辱した上司を見返してやろうと思ったのだ。
と言う。

極 生中高級ソープ さとう遥希

サンプル動画