ありがとう10周年!至れり尽くせり究極のKMP学園祭スペシャル!!

タイトル: ありがとう10周年!至れり尽くせり究極のKMP学園祭スペシャル!!
キーワード: ハイビジョン、学園もの、乱交、レズ
女優: さとう遥希、桜りお、仁科百華、倉木みお、木下若菜、北川瞳、栗林里莉、みづなれい、北川エリカ、有村千佳
メーカー: ケイ・エム・プロデュース
レーベル: おかず。

ネットの口コミ

あの綾子さんはさすがに話には加わりませんでしたが唇を噛みしめてじっとうつむき、その表情からは嫉妬を通り越して怒りの炎が立ち上っていました。
弟は、仕事の能力はあったのですが、あまり人望がなかったわけです。
「あふんーあ、ああ……んもう、松岡君たらそんな恥ずかレい揚所までイクズラするの?そんな破廉恥なこと、どこで覚えてきたの?許さないから。あ、ああ、だめ…」
それはそうでしょう。
困ったことはこれだけではなかった。
男性に肌を触れられたのは、もうどれくらいぶりでしょう。
でも今回はチェンジ無しでお願いします」
秋本君と逢わずに勉強に専念したせいでしょうか、私は第一志望の女子大に合格することができました。
しかし、若い女性たちの発散するあり余るフェロモンの渦の中では、正直、相手は誰でもいいのです。
「アンタの愛液を啜ってみたい」
検査には時間がかかりました。
女にしゃぶられてヨガるなんてもっての他!と自分に言い聞かせましてな。
「何するのよー、もうちょっとうまくできないの」
とある有名私立大学で経済学を教えている私ですが、講義をまともに聴いている学生が、はたして何人いるでしょうか。
俺は息を弾ませて葉月に問うた。
故締が突然消えたようなそんな寂しさを感じたものである。
本当は毎日でも抱かれたいくらいでした。
俺は女の中を指で掻き混ぜながら、ズボンとパンツを脱ぐ。
いつまでも、咥え続けさせるのもかわいそうなので、発射モードに切り替えて、フィニッシュとしました。
指を持ち添えた陰茎で狽いすまし、
「お近く?」
「今、茉莉香ちゃんは学校で誰もいないでしょ?だったら今すぐうちにいらして。お話があるのよ。ええ、とても人事なのね。ご主人がお留守の時の方がいいと思って」
「お、おねがい。は、嵌めてえ~」
「オレ、西島っていうんだ。よろしくね。おねえさんの名前は?」
勝算は十分にありました。
それよりも旅館の裏の増水した川の音がかなり大きくなっていました。
バスルームのタイルにいやらしい音が跳ね返されて私の耳に飛び込んでくる。
私は無我夢中で、シュミーズの前を暴き乳房を露出させたのです。
でも、あまりにも平穏無事な日々が続くと、人間はどうしても退屈になってしまうものなのですね。
「ホントによろしいの、よろしいの?」
けれど、その後ご主人は私を避け続け、そのうち奥さんが退院してきてしまいました。
「あふン、あふン」
「なにも儀礼的に、二度目の足を運んで来たわけではないよ。芯からサチコに逢いたくてやって来たんだ」

ありがとう10周年!至れり尽くせり究極のKMP学園祭スペシャル!!

サンプル動画