スポコス美少女(秘)体育祭!! 23種目×炎の三十番勝負!

タイトル: スポコス美少女(秘)体育祭!! 23種目×炎の三十番勝負!
キーワード: 4時間以上作品、ベスト・総集編、コスプレ、美少女
女優: 吉沢明歩、由愛可奈、さとう遥希、成瀬心美、乙音奈々、葵ぶるま、藤井レイナ、桐原あずさ、Ciao、亜佐倉みんと
メーカー: マキシング
レーベル: MAXING

ネットの口コミ

プレイボーイ気取りで有頂天になっていたから天罰が下ったのか、とひたすら反省する日々。
もともと自分のものにできるような相手ではない、と諦めていたからでしょうか。
地獄に突ぎ落とされた気分でした。
たしかに私は、はじめてあったときから里子に対して、女としての生々しさを感じていたのでした。
そして湯を浴びて身体中を丹念に洗い流す。
「私が上役の娘だったから」
しかし、体は動かず、声も出なかった。
あとで考えると、それは彼を傷つける言葉だったのかもしれません。
「あ~ッ、そんなこと…あッ、あソ、どうか、オマxコにキスしてください」
「おじさん、暇?」
そう吐き捨てるように言われたのです。
しかし大の男がケツメドをいじくり回されて女々しくヨガリ声なんか上げれますか?
「え、ええ……。そう…、とても。本当は、私だって……」
「な、なにするの……」
ムズムズと男根全体に心地良い痺れがくる。
「あ、そう……」
照雄は夜遅く出かけて朝方に帰ってくると、たいてい私を求めました。
「へえ、でも妙だな。鍵はつけ替えられてるはずだよ」
エロ度が低くても、二十歳くらいの若い娘と遊ぶのも、エロジジイの若返りにはいいのでは、と思うこの頃であります。
と、かれこれ数十回も突いたであろうか?
「それでも、何?」
仰向けでクンニされていた私の体と向きを反対にして夫人が履いかぶさってきました。
「あなたもなの~」
(あのふたりに負けるもんですか。私だって、もっともっと快くなってやる!)
狙ったのは淫らに口をすぼめる薄褐色の肛門……。
私の目の前には、子供を産んだという芸者の重たげな乳房が湯をはじいて揺れていました。
「もちろん」
「いま、お風呂にお湯を張りますからね。十五分ほどで入れると思いますよ。それから浴衣はここにあります」
アナルファック、浣腸プレイ……私のマゾヒスティックな資質は、彼によって花開いてきたと申しましょうか。
山間に鳥の鳴く声がする。
そろそろ定年だというのに、今も終電近くまで残業をしている主人を見てると、真面目と馬鹿は同義語だと呆れるしかありません。
建物は古びてはいるが玄関に車寄せがあって、成金の持家とは違った雰囲気を醸している。
新宿の繁華街の中心からは、やや隔たっており、まっ暗な夜空のもとでそこばかりが色とりどりのネオンに輝いている。

スポコス美少女(秘)体育祭!! 23種目×炎の三十番勝負!

サンプル動画