侵入者 完全保存版001 片桐えりりか 遥めぐみ さとう遥希 和希レナ

タイトル: 侵入者 完全保存版001 片桐えりりか 遥めぐみ さとう遥希 和希レナ
キーワード: 凌辱、レイプ・強姦、ベスト・総集編、独占配信
女優: えりりか、遥めぐみ、さとう遥希、和希レナ
メーカー: アタッカーズ
レーベル: Attackers BEST

ネットの口コミ

「いや! あなたのような浮気な方には何も許してあげない」
「圭子さん。ああ、もう…」
そこまでいくと私の行為は際限なくエスカレートし、ついには肛門にまで責めを加えました。
前の彼女は、里子より十歳以上年上の五十代の女性で、美人でしたが、くも膜下出血であっけなく死んでしまいました。
しかし、根が淫乱なのだから、これはと思う男が見つかると、自分からモーションをかける。
すでに閑経してる私にとって、膣中で出されてもなんの問題もありません。
女はスリップを脱いだ。
これが私の初めてのオナニーでした。
もう、そのころには、担当の授業を休講にし、加奈子には有給休暇を取らせて、昼間から二人で出かけるようになっていました。
「看護婦さん、アンタの乳をしゃぶらせてくれ」
いっそのこと、きちんと病院で検査をしてもらって、不妊症なら不妊症だという証明をもらってこいと言ったのです。
さっそくワレメを大きく掻き広げ、赤い濡れ谷間をペロペロ舐め回しfした。
翌日から公園で待ち合わせて肩を並べながら走るようになったのでした。
おもいきりこね回してやると、麻美は体をくねらせながら反応します。
六畳位の広さだ。
遠目には今も美しいが、近くに寄ると目尻のシワや首のシワが目立った。
「素敵なオッパイだね」
どうやら小生が走ったはずみで、雨に濡れた泥が女の買い物バッグにはねたようなのです。
年明け早々に出かけた行きつけのサロンで、指名をして遊んだなじみの娘は、やっとエロオヤジの指に反応を見せてくれるようになってきたのですが、いつまで経っても反応がイマイチでどうも食い足りない。
「本当ですか、マァ嬉しい……実をいうとおらも後ろからされるのが好きなの」
おおいに飲んでやるか。
「それぐらい貯金から出せばいいだろ。とにかく世の中こんな状態なんだ。景気が上向くまでうちは今までの蓄えでしのいでいくしかないだろう」
と、千葉氏がバイブを引き抜き、
私たちは、しばし猛烈に口唇を吸い合いました。
恩着せがましい態度が許せなくて、また叩きました。
「そのまま、じっとして」
粘り着いた愛液で熱く蒸れていた股間にすうっと冷たい空気が流れ込んだと思った次の瞬間、熱い肉棒が私のヴァギナを挟ってきた。
「来てくれたのね。もしかして来ないと思ったわ」
彼は、濡れそぼった肉の合わせめに、硬く反り返ったペニスをあてがったまま焦らしてきました。
盛り上がりの少ない萎びた感触だが女房以外とは、いや、女房とも長く交わしていない情感が沸き起こってくる。
と嘘をついてしまったのです。
そう言ってやると涙を流して悦んだ。
また、サチコの肉体の魅力の発見も尽きなかった。

侵入者 完全保存版001 片桐えりりか 遥めぐみ さとう遥希 和希レナ

サンプル動画