こんでんすみるきぃ ぶっかけファン感謝祭 競泳水着編 さとうはるき

タイトル: こんでんすみるきぃ ぶっかけファン感謝祭 競泳水着編 さとうはるき
キーワード: 潮吹き、3P・4P、ぶっかけ、淫乱・ハード系、水着、単体作品
女優: さとう遥希
メーカー: みるきぃぷりん♪
レーベル: みるきぃぷりん

ネットの口コミ

彼女はまだ五十歳ちょっとで、ご主人の経営している設計事務所の役員をされています。
そこでようやく口かも引き剥がし、もとの抱き合う体位に戻ってキスをしかけてゆきました。
勃起した陰核でした。
私には話しやすいんだそうです。
まるで都市伝説のような話で、にわかに信じがたい。
抵は、夫の浮気の話をしました。
「明日、午後の二時から特上を一人お願いするよ」
先生は、私のあそこを指で愛撫しながら、私の手を取って自分の股間に誘導していきました。
波が打ち寄せ、空は真っ青な素晴らしい日でした。
「大丈夫ですよ。そうだ、何か食べたいものはないですか?」
セックスは、当然のように遠のいていきました。
しかもケツメドに分け入った指がウネウネと妖しく蠢いてわが直腸を責め立ててくるのです。
そう思いかけた矢先、思いがけず私を救ってくれる男性が現れたのでした。
「もう、もう許してください。先生、許して……」
葉月は静止したまま言葉を漏らした。
宿も一流だが、料理も一流で、彼女も大満足していた。
郷里の両親にはホテルを辞めたことはまだ内緒でした。
ここでその女に五百円でも恵んでやろうかと思ったが、私はグッとこらえた。
エロい雰断気が感じられません。
器量も人並み以上に気立ても佳く、伝兵衛の独り息子の伝吉に見染められ今年の春、嫁いで行った許りだった。
酔うほどに、ママさんが露骨なことをいう。
ヌプッと指を引き抜かれると、私が休勢を変えないうちに腰を掴まれ、今しがた甘美な排便感に襲われていたすぼまりに指より太いモノが圧し充てられました。
私が先に立って予約しておいた部屋に向かう。
「むう、うぐぐぐぐ……」
「あなたも一杯いかがです?」
千代はそう言って、着物姿のまま汗の匂いの染みついた布団に添い寝をしてきました。
「千、千切れる……」
ただ、その一心でした。
「これからは、お母さんの好きなように、生きてみたら?」
「たまらんなあ」
入院している奥さんのお見舞いに行って、この話をしようかとも思ったのですが、その前にもう少しご主人を探ってみたいと思ったのでした。
そして感動的で圧巻だったのは、射精を果して俺の糞まみれになったチンポを、その上品なロに含んで綺麗に舐めとってくれたことだった。
私が内太腿の奥深くに差し入れた手の指の先でオマ×コの割れ目を探ると、幸恵は淫情を燃えたぎらせて生温かいぬらめきに溢れた淫液を垂れ流している。

こんでんすみるきぃ ぶっかけファン感謝祭 競泳水着編 さとうはるき

サンプル動画