絶対!!ベスト 8じかん。 さとう遥希

タイトル: 絶対!!ベスト 8じかん。 さとう遥希
キーワード: OL、手コキ、ベスト・総集編、ハイビジョン、単体作品
女優: さとう遥希
メーカー: ワープエンタテインメント
レーベル: Waap

ネットの口コミ

実は教室には秀麗のご婦人や未亡人といった参加者が大勢いて、黒一点の私のモテモテぶりたるや自分でも信じられないほどなのでございます。
そこは、熱くぬらついた濡れそぼりであふれ返っていました。
もちろんリクエストに応えました。
子供は大学生と高校生だから、手はかからない。
私は白目をむく定子を見て、戦慄を覚えた。
でも、どこの夫婦もそんなものだろうと気にも留めませんでしたし、夫もそれ以上求めてもきません。
「あら、そうかしら、いつもと同じよ」
近頃、テレビのニュースでいろいろと学校の先生のことが話題になっています。
女子学生とは二人きりで出かけることのない私ですが、相手が事務員ということで安心していました。
その、濃い桜色に染まった部分に私はしゃぶりつき、舐める。
私は自分の居場所を失ってしまったような虚脱感に襲われていました。
そんなわけで今日もホテトル遊びでケツメドをいじり回されている小生です。
そんなことの繰り返しで、自然と終わってしまったのでした。
呼んでも応答がないので、私は仕方なくトイレの方に近寄っていったのです。
続いて一端口を離すと、先端の裏筋を舌先でベロリベロリと舐めしゃぶる。
当時はまだ、女子の大学進学率は低く、まして私たちのような地方の村は女の子で大学へ行くものなど一人もいなかった。
(今度こそ素敵なエリート男性を捕まえるわ!)と張り切りました。
「タダとはいわない」
いつもどおり、オッパイに吸い付き、秘裂をさぐりながら、反応を見るのですが、個室と違ってよがり声がいまいちで最後まで行かすのは無理だと諦めて、ズボンだけを下げて、チ×ポを咥えてもらいました。
「フーン、寝小便かあ?」
ああ、春が来たんだ。
けれどもその晩も背中を向けていびきをかいて早々に寝入った夫の隣に潜りこむと、お尻の奥がジュンジュンと疼きだし、初めて知った汚辱のまぐわいの快感をまた欲しくなってきてしまいました。
千葉氏が夫人の口に黒光りした半立ちの肉棒を押入れる。
私の肉体には、盃んだ感情と快感が嵐のように吹き荒れていました。
「あなたと楽しめるのだったら、叱られても本望ですよ」
「桃太郎ちゃん、よかったって言うてやったで」
「おしっこするところをね、見せてほしいんですよ」
彼女は体を湯船に沈めたまま、上半身を手ぬぐいで隠していました。
愛撫の最中に、浴衣姿の私の耳を甘噛みしながら、吉崎さんが囁きました。
十人近い会員の中で女性は四人。
奥さんと一緒のご主人を見かけることはあっても話をしたことはなかったので、うちの主人とは全然違うスポーツタイプのご主人には少し興味もありました。
それから三時間ばかり、俺と奥さんはベッドルームで激しく抱き合った。
一人の女に束縛される結婚生活など、まだまだ真っ平御免だという思いがあったのである。

絶対!!ベスト 8じかん。 さとう遥希

サンプル動画