MAXING半期ベスト完全保存版 11 ~2012年下半期編~

タイトル: MAXING半期ベスト完全保存版 11 ~2012年下半期編~
キーワード: 巨乳、4時間以上作品、ベスト・総集編
女優: 吉沢明歩、由愛可奈、松本メイ、もとい真希、美咲ひな、成瀬心美、さくらじゅり、北乃ちか、横山美雪、二宮ナナ
メーカー: マキシング
レーベル: MAXING

ネットの口コミ

その表情から嫉妬がありありと見て取れたのです。
「そりゃそうさ。あんなにがんばったんだもの」
「え? どうしちゃったの? そうよね、みんなが親御さんの所に帰ったというのに松岡君だけ居残りですものね。寂しいわよね」
太腿が感じる女は、スケベです。
歳も歳なので少女のようなピンク色というわけにはいかないが、それでも嫌悪感を抱かせる色合いではない。
「二人が求め合うのは、必然だったんだよ。もう、逃げも隠れせず、堂々と一緒にいよう」
女の腰使いが、それまでの男を逝かせようとするブロの動き方から、本気で快感を求める人妻の動き方に変わってきた。
と叫んで、私は布団をはね除け、目を覚ましました。
「嫌いになんかならないさ」
日に日に身体が弱っていくのが自分でも分かる。
結婚して六年も経っているのに、妊振しないというのは、どう考えてもおかしいと言うのです。
指名するのは熟女のホテトル嬢。
「あ~、私はもう女を魔業しなくちゃいけないのかしら……。このまま一人でどんどん老いていくのかしら…」
かなり遅い時間になっていましたので、周囲の部屋にはすでに誰もいませんでした。
正規コーチの指示に従い、レッスンの準備や後かたづけが主な仕事だ。
あのような体型では、子供を産んでないのではないかと思えた。
私はハンサムな彼を見せびらかしたくて、自分の友達に紹介したかったのですが、照雄はそれもいやがりました。
風呂にも入り、衣装も整えると、彼女はわたしに興味を示さなくなり、関係は終わった。
とはいえ、完全な密室ではありません。
取次の女中にいわれ、内庭を通りそっちへ行った。
ママさんの心配は、姪っこのヒサミちゃんのことだ。
「ひっ……ぎひいいっ……裂けちゃうぅ……あぁぁ……お尻が壊れちゃうっ……」
嫌がりもせず舌を絡ませてくる夫人。
夫と女が喫茶店を出ようとして、やっと私は我に返りました。
眉間に縦ジワを寄せて彼女が呻きます。
熟柿のような匂いを口からさせて、その白い太ももを擦り寄せて、自分から子供がいるだの、亭主とは死に別れただのと身の上を語りました。
忙しい最中に。
それどころか彼女は私の胴に足を巻き付けオマ×コをくっつけてくるのです。
朦朧とした意識で何とか目を覚ますと、目隠しは外されていましたが、手錠はかけられたままでした。
「あなたはみなさんにちやほやされて、気付かなかっただけよ。この人は昼から夜までずっと私といたの。私と一緒に過ごしたの」
我が家と同じ間取りの狭い居間は、うちの野暮亭主が飲まないような洋酒のボトルが飾られています。
「さあ奥さん、隠しても駄目だよ。本当はマゾなんだろ。白い液がおま×こから溢れてくるじゃないか!」
だいぶ赤線の雰囲気にも馴染んでぎた頃、私はふと大店とおぼしきー軒の玄関脇にたたずんでいた女に目が止まった。

MAXING半期ベスト完全保存版 11 ~2012年下半期編~

サンプル動画