世界一と世界二のチ●ポに薬漬けされて白目むくまでガン突きFUCK!!! さとう遥希

タイトル: 世界一と世界二のチ●ポに薬漬けされて白目むくまでガン突きFUCK!!! さとう遥希
キーワード: 指マン、中出し、3P・4P、黒人男優、DVDトースター、単体作品
女優: さとう遥希
メーカー: NON
レーベル: NON

ネットの口コミ

まさに順風満帆のわがプレイボーイ人生の始まりか、と思えたのですが。
「どうして、そんなに僕を励ましてくれるの?」
あわてふためいた大家さんの声にムキになって怒鳴り返しました。
前の彼女の知り合いだったのです。
定子もそれを望みはするが、あるとき、絞めすぎて意識を失ってしまった。
ゆっくりと腰を前後させながら、指先は蕾をこねて。
指先でラビアを開くと中はもう濡れ始めていた。
それが自宅で勉強している時だったり、夜ベッドで眠るときだったり…。
お願い、私の声を聞かないでください、といってるのでしょう。
何度も女の蜜を飲んでいると、人によって味の違うのが分かってくる。
私は、そう思うことも快感でした。
要するに男と女の戯れに定石はないってことなんでしょうな。
私を襲ったのは痛みではなく、甘痒い心地よさだけ。
彼女は呆然としています。
蜜を掛けた桜餅のような色合いだ。
 君の面影胸に秘め
本当は毎日でも抱かれたいくらいでした。
仮に私がそういうことをするまで落ちぶれても、見ず知らずの人間から施しは受けたくないだろうし、金が欲しければ、
十五分ほどして、ホステスが現れました。
男ヤモメになってから、折りに村の後家や娘を呼び寄せ、金に物いわせて慰み物にして来たが、糸子のような極上オ×コは初めてである。
「ありがとう」
そんな夫人から、私が憂鬱な顔をして悩みを抱えてることを見抜かれてしまったことが腹立たしくてなりませんでした。
「あっ、ら……まあ…」
私が逡巡していると、夫はガラス窓に面したテーブル席に座っていた派手な感じの女のところにニコニコと近づいていったのです。
「あ、ああ……すごいわよ。叩くだけで逝かせてくださったら、最後にはやらせてあげる。
その翌日から天候がさらに悪くなり、雨もますます強く、風も出てきたのです。
律子さんのカタログにあったあの人と負けず劣らずのイケメンだって、律子さんが太鼓判を押してくれたもの。
「ちょっと、待ってろよ」
彼は吉崎さんといって、五十七歳。
「うれしい」
ですが十一時頃、主人が帰ってきたので玄関まで出迎えに立つと、お隣のドアがパタンと閉まる音が聞こえました。
奥さんは俺の反応を見て楽しんでいる。
よもや数年後に終焉を迎えようとは、誰しも想像できなかったにちがいあるまい。

世界一と世界二のチ●ポに薬漬けされて白目むくまでガン突きFUCK!!! さとう遥希

サンプル動画