S級キャリアウーマンたちの病みつき美脚責め 2 (パンスト編)

タイトル: S級キャリアウーマンたちの病みつき美脚責め 2 (パンスト編)
キーワード: SM、足コキ、脚フェチ、OL、パンスト
女優: 橘ひなた、早坂愛梨、武藤クレア、尾上ライナ、宮下つばさ、ayami、さとう遥希、新城美稀、高沢沙耶、桜りお
メーカー: ジャネス
レーベル: BS

ネットの口コミ

「誰が本命なのか」
「ああ、疲れたわ」
引きつって浮き沈みする膣穴のとば口もヒクつく肛門も卑狼でした。
たしかに私は、はじめてあったときから里子に対して、女としての生々しさを感じていたのでした。
「分かりました」
県境のラブホテルに度々行ってることもわかりました。
相当課長は悪代官が当たり役だ。
(夢のとおりなんだろうな……)
甘くて、花のような香りが漂っています。
「いやだぁ、勘弁してくださいよ」
私は二十五歳のときに、職場で出会った男性と結婚しました。
もちろん異存はなく彼女を大股開きの四つん這いにさせて唾液でヌラついたケツメドに肉ザオをずっぽりと突き立てました。
求められても、きっと今度もまた、私は拒んでしまうに違いない。
「もうこんなに濡れてるじゃないか。君は普段、あんなに真面目な学生なのに、臭い尻の匂いを嗅がれて感じてるわけだ」
俺としては、応急救護室で行為をしたかったが、葉月は嫌がるので止むを得なかった。
 嫁にもゆかずにこの俺の
でも、わざわざ「サービス料つき」の高いコーヒーを飲みにくるのですから、貧乏ではないのでしょう。
「もっと詳しく教えて欲しいな。できればお会いして」
番組は二週間にわたって放送されたのですが、何しろ明け方の番組ですから、最後までしっかり聞くことが出来ませんでした。
「これで好いわ、サァもう一度嵌めて」
「あの子にも着せたいけど、何も持ってないのよ」
娘が小学校中学年になった頃には、習っていたエレクトーンも置ける広々した子供部屋を欲しがるようになったので、高級分譲マンションに住み替えをしました。
「アソコの味は素晴らしかった」
(あのことだけはきっと一生、頭から離れることはないでしょう。あのときの秘密だけは、私ひとりの胸に納めておくしか、お墓に持っていくしかないわ)
ハッとする気配がありました。
馬鹿にされないようにと強がりを言った私ですが、そんなに、女性との、しかも玄人との経験などあったわけではありません。
「羨ましい……」
「もう、お風呂がいい頃よ」
アナルファック、浣腸プレイ……私のマゾヒスティックな資質は、彼によって花開いてきたと申しましょうか。
夕方は近いが、連中はまだ戻ってこないだろう。
「女房がいないとだらしない万年床で…」
「さあ奥さん、隠しても駄目だよ。本当はマゾなんだろ。白い液がおま×こから溢れてくるじゃないか!」
一応は旧制大学卒業の学士様ということになるが、まったく勉学などとは無縁の学生生活だった。

S級キャリアウーマンたちの病みつき美脚責め 2 (パンスト編)

サンプル動画