OLのフェラチオ

タイトル: OLのフェラチオ
キーワード: 制服、デジモ、顔射、フェラ、OL
女優: さとう遥希、原望美、杉原あゆ、椎名ゆな、藤原ひとみ、安田沙耶、宇佐美なな、結月小春、愛原さえ、桐山凛果
メーカー: ハヤブサ
レーベル: Center

ネットの口コミ

そして嫉妬に狂った智子さんを伴ってラブホテルに向かった私は、綾子さんに続いて智子さんの熟れ肌をもご馳走になってしまったのです。
なんといってもまだ二十八です。
当然のことながらホームシックなんかいつの間にか消し飛んでいました。
この太腿に頬ずりしたくて俺は、この女と五年間付き合ってきたのかもしれないと思いました。
「ぎ、ぎもぢいい、いい…」
夫は次々昇進、給科も上がり、私は何の苦労もなく、専業主婦として子育てに専念してこれました。
翌日、私はキャッツアイに篭話をして、妻を指名した。
そうして私がオルガスムスを迎えた時、
加奈子は、歯を食いしばりながら、私の背中に爪を立てました。
綾香は私の一物を舐めたり、弄くったりするが十分に勃起しない。
私なんか結婚しなければ良かったんだ…。
仲間数人と夜の街に繰り出したさい、酔った勢いでホテトル嬢なる女とラブホテルで致すことになったんですわ。
「それでいいんですか?淋しくはありませんか?」
私は舌先で汚れた部分をべロベロと舐め始めました。
十本の指で握ると、肉饅頭のようにムニュムニュとした感触だ。
などと黄色い声を張り上げていた。
「まぁ、いわゆる夜の商売さ。ナイトクラブの経営に関わっているんだ」
ある日、妙子が私に言った。
電車を乗り継いで、お目当ての店に出かけました。
未だ恍惚としている出戻り娘を起こし、
「ええ、年寄りが一人で暮らすにはムリです」
「私ね、佐伯さんの悩みをなんとかしてあげたやんだよ。こんなご時勢だからね、色々と大変でしょ。娘さんもお金のかかる名門学園に通わせてることだしねえ」
その勢いで肉棒が抜けてしまった。
当然、夫は私に朝帰りの訳を聞きましだ。
怒鳴って、二撃目を見舞ってやりました。
なにしろ二十五歳の若造です。
夫にそっくりだ。
「どうぞ、どうぞ」
脳天まで貫いていった強烈なアクメの連続……。
「爺さん、勃ちもしねえのにお盛んだな」
それで我に返った私は、やっと自分がしたことを自覚し、逃げ帰るようにして自宅に戻ったのです。
「ええ、もちろんいいわよ。ただし、もし損したら、あなたに損失補填してもらうから……」
幸恵はあっけらかんとして、

OLのフェラチオ

サンプル動画