監禁オナホール さとう遥希

タイトル: 監禁オナホール さとう遥希
キーワード: ハイビジョン、独占配信、デジモ、凌辱、監禁、単体作品、DVDトースター
女優: さとう遥希
メーカー: クロス
レーベル: CROSS

ネットの口コミ

「分かった分かった」
もちろん、パンティも脱いで。
他の学生たちがどんどん帰省する中で一人居残っていた私を不憫に思ったのでしょう。
いま付き合っているのは、四十二歳の人妻です。
蜜が溢れ、黒々とした部分が部屋の照明を浴びて煌いていた。
お湯で温められ、全身がリラックスしているせいかもしれません。
そう言いながらも女は拒まない。
「先生…ああ、先生……」
「加奈子さんが初めてだと聞いて、ポクは、すべてを指導してあげようという気になっているくらいだよ。正しい『女の作法』を知らないとこの先困ることになる。だから、加奈子さんは、ただ素直に従うように心がけることです。ボクは、昔から素直でない子が大嫌いなのです」
しかし、家に戻ればもはや、あの看護婦の、いや、女の汁を飲むことはできない。
刺激が強ければ強いほど、私の心は満たされていきました。
ところがです。
ああだこうだと理屈をつけてのらりくらり。
彼女の滑らかなイメージと排便という、あまりのギャップの激しさに欲情してしまったのです。
俺は想像するだけで、股間が急に熱くなる。
灰色の雲が今にも雪を降らせそうで、コートの襟を立てて、ゆっくりと歩いた。
彼とはそれっきりでした。
胸元の大きく開いたシャツを身につけ、スカートは太ももがはっきり見えるくらい短い。
大人のオモチャ屋に行くと、ドライオルガスムス関連の器具「アネロス」が何種類も展示されて、売られています。
こうして両人は暫くの間、死んだようにぐったりしていたが、藤右衛門はぐんにゃりした陰茎を引き離すと、
おずおずと手をのばし、わたしは生娘の細い手指をつかんだ。
「だ、だからってそんなところ…。ああっ…やめて…嫌よ……そんなお尻なんて……ああっ……嫌っ、指なんて挿れないで」
シュバッ!シュパッ!
彼は女の肉体に精通しており、驚愕の技量を持っていたのです。
これは部屋にお忍びでやってきた、ほとんどの女性が口にする言葉です。
「ええわ、ごっつうええんよ。あにさんのチ×ボたまらんっ」
もはや、妄想の福山雅治は、粉々に砕け散っていた。
背中から抱いてあげると、チ×ポがぽってりしたお尻に当たっています。
それも、この年になって……。
Kさんはとうとう私に腕を絡ませてきた。
「あ…あああ」
俺はこの奥さんのために、いくらでも損失補填してやろうと心に誓ったものだ。
幸恵のよがり泣きが高潮を極めるにつれ、

監禁オナホール さとう遥希

サンプル動画