女囚レズ刑務所 潮吹き乱交SPECIAL

タイトル: 女囚レズ刑務所 潮吹き乱交SPECIAL
キーワード: 乱交、潮吹き、レズ、デジモ、独占配信、ハイビジョン、DVDトースター
女優: さとう遥希、芹沢つむぎ、美山志穂、桐山凛果、脇阪エム
メーカー: ヴィ
レーベル: V

ネットの口コミ

彼女とはすでに接吻まで交わしていて、今度会う時はたぶんアレにまで発展するであろう相手でした。
「なれないわ。だって……」
そしてその前後の器官を内藤がいじり回すのです。
こんなじじいのペニスでも、里子にとっては、夢にまで見た「ちゃんとしたちんちん」だったらしい。
邪心はあるが、それを表情には出さない。
じゅるじゅるといやらしい音が聞こえてくるほどの蜜が、ヴァギナから溢れてきます。
数日後の日曜日、家で寛いでいると、妻のママ友達が数人で私たちのマンションに遊びに来た。
「うっ!」
タイルの上にしゃがむと、加奈子は顔を手で隠しながら、思い切って放尿しま↓た。
「じゃあ、死にはしないが、生き返るには、元気になるにはアンタの…」
ガックリとうなだれ、今にも泣きそうな顔をしていました。
「今に分かるわよ」
掌に液体を絞り出しては、私の裂け目に塗り重ねながら、私の入り口に迫ってこようとする彼の指。
それにしても、優しくて素敵ななどと言われると、まんざらでもありません。
一瞬、ムッとした顔付きとなるのは葉月だ。
だから私たちは、通学のさいも人目を避けるよう気をつかったものである。
私は休みの日ごとに照雄のアパートを訪ねるようになりました。
そして、最後は自分から腰を振り、俺に中出しをねだった。
指名するどきに見せてもらった写真と本人の顔にそれほどの修正が見られません。
男心を唆かすようにユラユラと腰を振ると、
「女房が運転できたので」
もっと強く吸ってとか、舌をもっと動かせとか、屈辱的な指示までされても私は言われた通りにおしゃぶりしました。
露骨な言葉を口にする。
「いいわ、いいわよ、私ももう少し、もう少しでイケそうなの!」
許せませんでした。
千代はそう言いながら私の乱れた浴衣の裾をまくり、桃太郎の唾液でベトベトになった肉棒を握りしめました。
「じゃ、バスルームに行きましょうか」
「どうぞ、どうぞ」
美術館の観賞会のときに声をかけて下さって……それからおつきあいが始まりました。
そう考えた私は趣味を持つことにした。
ご主人が照れたように笑い、それで私は布団を凝視していたことに気づいて、慌ててグラスの中の液体をゴクリと飲んでしまいました。
そうしないと株を買ってあげないと言うのだ。
あたかも祭の縁日の夜店が路地の隅々までを埋め尽くした感じで、情緒こそなかったもののそれはそれで好奇心を起こさせるに充分な光景ではあった。

女囚レズ刑務所 潮吹き乱交SPECIAL

サンプル動画