淫らな若妻8時間

タイトル: 淫らな若妻8時間
キーワード: 花嫁・若妻、4時間以上作品、ベスト・総集編
女優: 柳田やよい、川上ゆう、さとう遥希、佐倉カオリ、森ななこ、有村千佳、西尾かおり、小出遥、西園寺れお、藤咲葵
メーカー: プレステージ
レーベル: マジッククオリティ

ネットの口コミ

「分かった分かった」
そして享年五十八歳の父が残したものは、山形県で二百年以上続いた造り酒屋の家と若く美しい継母でした。
手淫なんかとは比べものにならないほどの心地よさでした。
昔からそうなんです。
私はなかなかイケそうにない。
これまで夫以外に男性経験がない私。
そのまま中指をワギナに入れて、手のひらでクリトリスを揉むと、ワギナの中が暑くなり、夥しい淫液が中から溢れてきた。
そんな先生の話を耳にするたぴに、いつも思い出すのが、私が高校時代に好きで好きでたまらなかった担任の先生のことです。
うわごとにも聞こえますが、訴えの内容は筋道がちゃんと通っています。
ホステスたちはそういうが、金を弾むといえば乗ってくる。
私は、私の方に問題があったら、これから先、お姑さんからどんなにひどいことを言われるかと思って、不安で生きた心地がしませんでした。
もちろん異存はなく彼女を大股開きの四つん這いにさせて唾液でヌラついたケツメドに肉ザオをずっぽりと突き立てました。
最後は決まって大喧嘩。
腰に力を入れて一気にに挿入。
肉尻の感触もいい。
と感激していた。
当初は新妻気取りで甲斐甲斐しく働いていた私ですが、セックス三昧の毎日を送るうち、しだいに掃除や洗濯もお座なりになり、食事も店屋物で済ませてしまうなど、お気楽なものでした。
友人が嫁さんにしたことがないことを私がやる、それがコンプレックスを跳ね返す術だと信じていたからだ。
「奥まで咥えてしっかり舐めないと、いつまで経っても行かないぞ」
「う、嬉しい……おら……お・らぁ…夢見てるみたいで…アー嬉しい!」
ちょっとぱかし酔ったのか、目もとが赤い。
「わ、私が誘惑したわけではないわ」
では慣れないと難しい。
絶叫もろとも、私の腰はガクガクと痙攣していました。
だからもっと叩いて」
その背中に、乱れた髪の毛がべったりと張りついていました。
「また、ダンス?」
「はああーん」
最初の頃は、ひたすら優しく私の肉体の状態を見ながら……といったセックスでした。
D爺さんは歯のない口を盃めて笑う。
その奥さんがある日、パート仲間と遊びにいった先で軽い自動車の衝突事故を起こし、入院してしまったことが、私の平凡な生活に変化をもたらすことになったのです。
俺は男の武器を使って大金持の女の顧客をゲットし、俺を侮辱した上司を見返してやろうと思ったのだ。
その赤線が公娼制度の廃止とともに姿を消したのは昭和三十三年四月一日以降だから、六年ほど前の昭和二十七年といえば紅灯の賑わいには盛んなものがあった。

淫らな若妻8時間

サンプル動画