さとう遥希のナースでしようよ

タイトル: さとう遥希のナースでしようよ
キーワード: ハイビジョン、単体作品、潮吹き、看護婦・ナース、コスプレ、巨乳
女優: さとう遥希
メーカー: クリスタル映像
レーベル: e-kiss

ネットの口コミ

五十八歳の未亡人ですが、ほっそりして品のいい顔立ちのせいかまだ四十代半ばにしか見えない美人です。
ホームに立って、弟がちょっと離れたときに圭子は、
私の他にも大学生が何人も居住していて風呂は共同使用でしたが、六畳一間の部屋には台所がついていて自炊もできるようになっていました。
前の彼女は、里子より十歳以上年上の五十代の女性で、美人でしたが、くも膜下出血であっけなく死んでしまいました。
歳も歳なので少女のようなピンク色というわけにはいかないが、それでも嫌悪感を抱かせる色合いではない。
そんな私の思いなど、渡辺さんはお見通しのよう。
濡れた女の股間を覗きながら緩急をつけて抽送を繰り返す。
私が声をかけると、
私は優しい声で尋ねました。
とはいうものの、私は寝返りを打つのも憶劫なほど弱りきっていた。
夫も子供を望んでいたので、夫の心の中に苛立ちを感じてしまうことがあり、離婚まで考えるようになっていました。
豊満な尻を揺すって年増ホテトル嬢が悶えます。
逃げているうちに相手の方も熱が醒めてしまって、自然消滅。
「先生、ちょっとお話したいことがあるんですが…」
俺はパチンと尻の頬を片手で叩いた。
村長の一人娘で、私が高校三年生のとき彼女が一年生で、村からは町の高校へは私たち二人しか通学してなかった。
そんな店に毎日のように来るのだから、きっと金持ちに違いありません。
外回りの途中に公園のベンチで休んでいると、三十半ばくらいの女が隣に座った。
再訪を約束して、一週間後に指名して遊びました。
「どうじゃどうじゃ、これで好いか?」
街路樹の新芽がでてきたのか、若みどりに濡れて美しい。
「ひっ……そ、そんなところ……ひいぃ」
エラの張り出した真っ黒く淫汁焼けをした自慢の肉棒。
夫は、まったく私に気づく気配もありませんでした。
「けど、真っ赤ですよ。大丈夫ですか?」
何か関西弁でもっと卑狼な言葉を、耳のそばで聞かされたような気がします。
急に浮かれた足取りでウォーキングクロゼットに駆け込むと律子さんはリングファイルを抱えてきた。
彼女はベンチに腰掛けていましたが、慌ててバッグを膝に置き、私の座るスペースを開けてくれたのです。
「えっ?」
どよめきが起こる。
ですから、アルコールでクラっときた時、木原さんの腕で抱えこまれた私は、そのまま布団に連れていかれても、自分の考えがついてきませんでした。
もし会社を追い出されたら、ろくな就職口もないだろう。
しかし、そのころ人気のあった風俗雑誌などを読んでいるうちに、赤線に関する記事で印象的なものに出会ったのである。

さとう遥希のナースでしようよ

サンプル動画