高画質×ガチンコ全裸FUCK TOP50 10時間

タイトル: 高画質×ガチンコ全裸FUCK TOP50 10時間
キーワード: ベスト・総集編、4時間以上作品
女優: 吉沢明歩、由愛可奈、北乃ちか、風間ゆみ、木下柚花、春咲あずみ、もとい真希、みづなれい、みひろ、月野りさ
メーカー: マキシング
レーベル: MAXING

ネットの口コミ

「誰が本命なのか」
と、先日聞いたセリフをまた、ひとり言のようにつぶやいていました。
「あはん、ああ…ん、もうイタズラしちゃだめよお。ねえ、オシッコの穴、分かる? 指を入れてる穴のすぐ手前にあるでしょ?」
「いやよ、やめて」といって、私をにらむ。
「大丈夫。私もいいの。あなたの形がはっきりと分かって、気持ちいい」
夫とはもうどれくらいしていないでしょうか。
「おまえ、どうしてここに」
職員室に行くと松山先生は体育館にいるというので行ってみました。
加奈子の蓋恥心を引き出し、それをいたぶるのですから、可虐趣味の私には愉しくて堪えられません。
何度も女の蜜を飲んでいると、人によって味の違うのが分かってくる。
検査結果は、二人で聞きに行きました。
しかもケツメドに分け入った指がウネウネと妖しく蠢いてわが直腸を責め立ててくるのです。
その後も付き合った男性は何人もいたのですが、いざ体を求められる段になるとどうにも怖じ気づいてしまって、いけません。
わかりやすくいえば、一昔前の純情な女子学生タイプでしょうか。
一度大きく口を開いて、くわえ直した。
私が美登利にたいして特別な感情を持ち始めたのは、高校への通学を一緒にするようになってからである。
その日のちょうど昼頃、私と照雄がまだベッドでぐっすり寝入っている時に、玄関のチャイムがけたたましく鳴り響きました。
おそらく、残飯でも漁っているのだろう。
「奥まで咥えてしっかり舐めないと、いつまで経っても行かないぞ」
と糸子が赤くなって俯き、口寵っていると、
この大人し過ぎる娘が、せちがらい世の中を、渡っていけそうに見えなかった。
十二年前、会社で受付嬢をやっていた私は、取引先の社長の次男だった五歳上の夫に見初められて、周りからは玉の輿だと羨ましがられる結婚をしました。
千葉氏が夫人の口に黒光りした半立ちの肉棒を押入れる。
一瞬カラダが宙に浮いた錯覚を覚えました。
ですが、そのお陰で、こっちはいい迷惑です。
よじれた乳首の先に白い小さな点ができて、それはすぐに大きくなり、やがて乳が勢いよく飛び出たのです。
「だめだめだめ。そんなところだめよ!」
当時のバイト科が一日二百五十円ぐらいでしたから、また二十日ばかりバイトをしなければなりませんが、それは冬休みにすることにしました。
彼の手が優しく内股を撫で上げ、下半身にかけて指を這わせてきました。
その夜は宴会となり、もちろんS婦人もD爺さんも、そしてKさんも参加した。
そして部屋の電気が消えていたということは、暗い部屋で不埒なことをしていたに違いありません。
年齢は五十過ぎでお手伝いさんの若さに嫉妬し、そして綺麗なお手伝いさんをこき使っている。
私は初回の一夜のひとときの交わりで、どうやらサチコにすっかり惚れきってしまったようだった。

高画質×ガチンコ全裸FUCK TOP50 10時間

サンプル動画