汗まみれガチ交尾 さとう遥希

タイトル: 汗まみれガチ交尾 さとう遥希
キーワード: ハイビジョン、潮吹き、オナニー、3P・4P、DVDトースター、単体作品
女優: さとう遥希
メーカー: ワープエンタテインメント
レーベル: So

ネットの口コミ

陶芸教室に通う私は二股三股をかけてプレイボーイぶりをいかんなく発揮していたのです。
「まさか、僕にそんな神通力があるなんて」
予想どおりでした。
本人もそれに抵抗がないらしく、なおいっそう激しく啜り上げたり頭を動かしたりしてきました。
大人しそうに見えて、実はかなり淫乱な性格かもしれない。
「ああっ!あああん」
「ねえ、もう一度できる?」
「きれいな身体だ。どこに触れてもスベスベしてる…」
加奈子は、泣いているような声を上げながら、股ぐらを開きました。
「それは無理です」
自分が女であることの実感が欲しかったのです。
初心者だとバレるのを覚悟で聞きました。
男性への興昧を失ったわけではないのですが、性欲は急激に減退し、性器も加速度的に哀えていきました。
彼女の肉ビラはすでに湿っていました。
それは小麦色の尻を分割するような状態で、紐状となり谷間に埋没している。
会社の上司や同僚たちからの結婚話もなくはなかったが、どうしても受け入れることができなかった。
「ねえ、私もナイトクラブに連れていつてよ。仕事の邪魔はしないから、いいでしょう?」
女の声は脅えていた。
いつまでも、咥え続けさせるのもかわいそうなので、発射モードに切り替えて、フィニッシュとしました。
「出る出る出るぅ……アーッ、大旦那さん……おら、おら……もう我慢できないよ」
ママさんが、弁天祭りのつもりでいらっしゃいという。
「こりゃすごい締め付けだね。マxコみたいなケツ穴だなぁ。ほおれ、もういっぺんケツの穴でイキなって」
「うっ、ぐ~っ……」
そうは叫んでみたものの、口と肉体は裏腹でした。
マン穴のヨガリ汁でヌルヌルになっていた中指が、窮屈なすぼまりを押し退けて、直腸にズッポリとめり込んでました。
「ほら、こんなになっとる」
とりたてて用事があるわけでもなく、私の情事の様子をあれこれと探っては帰っていく。
「もう、こうなったら、タチンボでもなんでもいいよな」
もちろん彼の挿入の感覚はかなり慣れていたはずなんですが、いつもよりずっと子宮に響く刺激が深いのです。
私は久方ぶりに興奮した陰茎を支え、彼女の中に埋没させたのであった。
私はお隣のご主人の浮気現場を突き止めてしまった興奮で、さっきまで観ていたつまらないテレビドラマよりこの事実にワクワクしてしまいました。
俺は男の武器を使って大金持の女の顧客をゲットし、俺を侮辱した上司を見返してやろうと思ったのだ。
それにしても、外見からは想像していた赤線惰緒は覆されてしまった。

汗まみれガチ交尾 さとう遥希

サンプル動画