BEST OF E-BODY LOVERS 2012

タイトル: BEST OF E-BODY LOVERS 2012
キーワード: ベスト・総集編、騎乗位、巨乳、スレンダー、尻フェチ、4時間以上作品、独占配信
女優: さとう遥希、椎名ゆな、成瀬心美、風間ゆみ、ティア、たなか唯、美月優芽、桜木莉愛、蒼井まなみ、小早川怜子
メーカー: E-BODY
レーベル: E-BODY

ネットの口コミ

「喜美恵さんと随分仲がおよろしいみたいですのね。あんなお節介な人、あたくし、嫌いです」
言うなり圭子はからだを下にずらせてゆき、私のからだを仰向けにして、ペニスに顔を寄せてきました。
拗ねたように甘えて衣服の上から乳房を探ったのです。
里子は、美人というほどではなくわりと地味な顔立ちの女ですが、なんといつでも前の彼女より十歳以上若くて体つきも女くさいものをじゅうぶんにそなえているから、そういう意味での対抗心はあったらしく、いつでも私に乗り換えていいのよというようなそぶりは最初から見せてきていました。
「え、ええ…」
私はしばらく、渡辺さんの胸に顔を埋めて泣きました。
翌日、私はホテルの裏口で女を待った。
二月も終わりの頃、学校の方はすでに授業は無くて、あとは卒業式を残すだけになっていましたが、私は合格したことを報告するために学校に出掛けて行きました。
彼女は、もっと、叱られたり、厳しくしつけられたりしたいはずなのです。
あてがわれたのは二十代半ばほどの、目のクリッとしたかわいい女だった。
夫も子供を望んでいたので、夫の心の中に苛立ちを感じてしまうことがあり、離婚まで考えるようになっていました。
不思議な快感がありました。
「リラックスして、全部僕に任せてくださいね」
次の瞬間、麻美は目に涙をいっばい浮かべて走り去っで行ったのです。
歩く時は、左右にブルンブルンと肉が揺れてバンティの布地から、はみ出しそうな状態がいい。
この年齢で、結婚式を挙げるのも恥ずかしいので、村の神社へ参拝して、二人だけの結婚式をすませた。
「高橋さんのお宅ですね?」
それは私と女房が寝ているような時間のメール攻撃からはじまった。
思ったとおり、娘は大喜びです。
遠慮して様子を見に行かなかったが、定めし仲良くやっているものと許り思っていた。
「大変だね」
夫婦で使っている寝室に招きいれられた私は、逆らうことなど出来ない脅しに負けて、派手な宝石の指輪をはめたたっぷりと贅肉がついた夫人の指で一枚残らず身につけていたものを脱がされてしまいました。
バイブの嵌まっていたアナルにたっぷりとゼリーを塗りつけ自慢の肉棒をゆっくり嵌め込んだ。
いかにも水商売といった感じの、化粧の濃い下品な感じの女でした。
と訪ねてきたのが敦美さんでした。
私もじっと仰向けになっていられず、上半身を起こし、尻に枕を当てがい、背後から桃太郎の乳房をまさぐり、片方の手を股間に伸ばしました。
でも、確かにいる。
「いや、あのう、そのう……」
「ちょっとだけいつもと違うことだよ」
そんなことを考えると何だか顔がほころんでしまうこのごろだ。
入院している奥さんのお見舞いに行って、この話をしようかとも思ったのですが、その前にもう少しご主人を探ってみたいと思ったのでした。
俺は奥さんにさっきやられたように、指先を曲げて直腸の内壁を擦った。
だが、金への魅力もさることながら、心底から私のことを嫌いになったわけでもなさそうだった。

BEST OF E-BODY LOVERS 2012

サンプル動画