尻伝説 さとう遥希

タイトル: 尻伝説 さとう遥希
キーワード: 顔面騎乗、単体作品、尻フェチ、ハイビジョン
女優: さとう遥希
メーカー: 実録出版
レーベル: 実録出版

ネットの口コミ

陶芸教室に通う私は二股三股をかけてプレイボーイぶりをいかんなく発揮していたのです。
「ちえっ。なんだよ、あの女。親父の遺産を盗られずに済んだし、これでよかったんだよ」
いくら美人でも母親より年上の女性をセックスの対象にするような感覚はさすがになかったのです。
でも、いつかそのうちするかもしれません。
映画は今流行の「3D映像」というやつだった。
「いいですね、その調子。でも、少しだけ直すとしたら…」
「あら、どうしたの、そんな顔をして。わたし、どこかおかしいかしら」
先生の好きな食べ物、愛読書、何か一つでも聞き漏らさないように、ジッと先生だけを見つめてきました。
「あーッ、先生……」
若い女の蜜は甘くてとろとろしていて極上だった。
どう?私だって一人前の女なのよ…。
「あふん、ああ、すごくいい……」
「何するのよー、もうちょっとうまくできないの」
気がついてみると、私はトイレの個室内に入り込んでいました。
しかし、葉月と別れて一週間も経つと、淫心が沸き始めてしまった。
街中に入ると、私たちは噂になるのを恐れて別々に登校したり下校したりしたが、田舎地帯に入ると自転車を並べて走ったものである。
チャーハンと餃子くらいでモノにできると思われたのでは大迷惑です。
友人の嫁さんとつい先月まで不倫をしていた。
ただし、残念ですが、肛門に器具を挿入するために、年を取った団塊エロオヤジには、少しハードなプレイとなります。
やおら糸子の股坐へ体を割り入れ、
まるで島流しにあったようなもので、クルマ社会の不自由さをせつせつと感じた。
同じ4LDKの間取りなのに、夫人のお宅は絵に描いたような成金趣味の家具で溢れ、いき苦しくなるぐらい重圧感がありました。
いくらなんでも相手は神主の夫人。
その男は、
「バスの中で澄まし顔していた時も、あなたのここには、こんなにもふしだらなオマ×コが息を潜めてたんですね。でも、できれば温泉に入る前に愛し合いたかったな。あなたの汚れたままのニオイを嗅いでみたかった」
二十五歳の私は大阪で建築関係の仕事に就いておりました。
芽生えていた尿意はまた消えてしまいそうだ。
その声に反応してあっという間の射精でした。
「ほら、もうこんなに濡れてるよ、佳代子さん」
「これでお宅は脱落。いやあ、Sご婦人はあんたが一番のお気に入りだったんだ。それも今日で終わり」
安いっぽいベッドシーンで三流女優があげるような嬌声を響かせながら、私ははしたないばかりにアクメに達してしまいました。
ロココ調の調度品で統一された室内は、品があって一分の隙もない。
女って、どういうふうにマスをかくのか、実際にやって見せてくれ」

尻伝説 さとう遥希

サンプル動画