イク寸前から発射までの快楽ピストン60連発

タイトル: イク寸前から発射までの快楽ピストン60連発
キーワード: 独占配信、その他フェチ、巨乳、淫乱・ハード系、ベスト・総集編
女優: さとう遥希、長澤あずさ、JULIA、松嶋れいな、浜崎りお、真田春香、杏美月、澄川ロア、雨音しおん、香坂杏奈
メーカー: E-BODY
レーベル: E-BODY

ネットの口コミ

接吻まで行った波恵さん。
「きみこそ、強いひとだ」
大家さんは私にセックスを指南しながら自身も高ぶっていたのかもしれません。
私にとって前の彼女は、やせていて、そう色っぽいからだの女ではありませんでした。
「どうしたんです?大丈夫ですか」
「いえいえ、真佐子さんが頑張って練習してきたからですよ」
私は、いつものようにキャッツアイにデート嬢の派遺を依頼した。
やがてブラジャーが外されて、彼はぎこちなく私の胸を揉んできました。
一つの先制パンチでした。
「え?」
そして、不妊治療をして子供が望めるのであれば、そのようにすればいいと…。
そこでローションの代わりに年増ホテトル嬢のケツメドをベロペロ舐めて唾液をたっぷり塗り付けて、暗褐色のすぼまりをグイグイえぐっていったのです。
当時十年越しで付き合っていた男性と別れてしまったのも、私の身体の変化が原因でした。
しばらくしても帰ってきません。
葉月は、息を弾ませて鉢を反らした。
「将来は農学博士にでもなって、日本の農業を発展させたいと思っているんだ」
ただし我侭なもので、幸せな生活に慣れきってしまうと、私には小さな不満が芽生えました。
彼女に導かれるまま家に招かれ、革張りのソファーが置かれたリビングに入る。
こちらが、年寄りだったので、店の方が気を利かして聞いてくれたようです。
そういって藤右衛門が再び指で未だぐしょ濡れの陰門を挟ると、
仰向けに寝た狼の乳房に触れる。
ドンャ降りの中、自宅まで送ってくれるというので、つい私は乗り込んでしまいました。
「おいおい、本気か?」

珍客の来訪にすっかり気を良くして、部屋に招き入れました。
雨は小降りになってはいましたが、まだ降り続いていました。
名前と待ち合わせ場所を教えてもらっただけ。
後日、そのわけを聞いてみると、
下着を剥ぎ取られ、ざらざらとした生暖かい舌が花芯をとらえたとき、まるで軟体動物が這いずり廻っているような、ぬめりのある感触が肌にじわじわと浸透していきました。
「ホント、分別がないっていうのはあのことをいうのね。その点、あなたは」
私は、彼の浮気の口封じの為に抱かれたのだと気づきました。
お手伝いさんがコーヒーを入れに行っている間、俺はここの奥さんがどんな人だが想像してみた。
部屋を使っている主の個性なのだろうか。

イク寸前から発射までの快楽ピストン60連発

サンプル動画