新入社員、凌辱の日々。 望まない絶頂が悔しくて… さとう遥希

タイトル: 新入社員、凌辱の日々。 望まない絶頂が悔しくて… さとう遥希
キーワード: 凌辱、レイプ・強姦、職業色々、単体作品、独占配信、ハイビジョン、DVDトースター、期間限定セール
女優: さとう遥希
メーカー: アタッカーズ
レーベル: 龍縛

ネットの口コミ

捏ねることで無機質の土に生命を吹き込み、やがて己が分身ともいうべき作品に結実させる。
私の気配を察して、それに合わせてくれただけかもしれません。
ひときわ大きく股を開いて大家さんが肉ビラの合わせ目を私の口に押しつけてきました。
それに対して里子は、まったく普通の女でした。
だからといって陰部が窮屈になるという理屈が分からない。
あとは、のんびりドライブをしたり、ホテルでゆっくり、など、熟年夫婦のデートそのものでした。
妻の下着姿は美しかった。
「ううっ……」
若くて独身なら、その子と結婚するという解決策があるのでしょうが、既婚者はそうもいきません。
日に日に身体が弱っていくのが自分でも分かる。
どう?私だって一人前の女なのよ…。
怒鳴って一気に射精しました。
「何するのよー、もうちょっとうまくできないの」
「私、死んだお父さんが天国でどう思っているかと思うと、悔しくて、情けなくて…」
直後に、場内の利用がまもなく終了するアナウンスを耳にして、大急ぎで着替えた。
オカッパの毛髪をなびかせながら、風のように私を追い抜いては、
淋しくて退屈でした。
そして、臭いを喚ぎながら身体を許してくれる。
それこそ、真心を込めて奉仕するように、玉からサオ、亀頭部分を懇切丁寧にじっくりと舐めまわすのですが、どうもこの娘もエロ度が弱いのです。
「伺うした?未だ出んのか」
ドアが閉まっているのに、なぜか表を気にしている。
それに今度も感じやすい乳首をずっと指でコリコリと捻りまわされていると、子宮がギュンギュン疼いてしまい、おかしな気分になってしまうのです。
「ひどい言い方ねえ。わたしそんなに~」
さすがの夫も、音を上げる気配でした。
もう限界でした。
「ふふっ、いやなこと言わんといて」
「ちょっと、どこ行くの?」
なんだかすぐに後を追うのはさもしい気がして、私は五分ほど遅れて浴室へ入っていきました。
彼の手が優しく内股を撫で上げ、下半身にかけて指を這わせてきました。
年上なので丁寧にお断りするのだが、一番年若い四十代のTさんなんかはその攻撃に負け、いつの間にか通ってこなくなったほどだ。
子供が巣立ってしまった後の専業主婦ほどつまらない生き吻はないと思っています。
「ああン、決まってるじゃない」
このようにして、幸恵と私は相互オナニーをし、自淫で得たエクスタシーの姿を見せ合うというのが、二人のセックスのプログラムのひとつとして取り入れられることとなり、肉体だけで繋がった牝と牡との情事をよりいっそう淫狼なものに仕立て上げていった。

新入社員、凌辱の日々。 望まない絶頂が悔しくて… さとう遥希

サンプル動画