ケモノたちの宴コレクション

タイトル: ケモノたちの宴コレクション
キーワード: 独占配信、ドラマ、凌辱、3P・4P、ベスト・総集編、デジモ、拘束
女優: 白百合のぞみ、近澤まゆみ、さとう遥希、木島るみ、小嶋ジュンナ、広末希未、沢木レナ
メーカー: オーロラプロジェクト・アネックス
レーベル: オーロラプロジェクト・EX

ネットの口コミ

「ほら、内海さん、この部分がまだ塗り終わってないわ」 釉薬を塗っている私にぴったり寄り添って世話を焼いているのは五十五歳の喜美恵さん。
圭子は、さすがに私より多く弟や使用人たちから引っばり出されたりしていましたが、それでもそう忙しいというほどではなく、ときに私の遅い朝食の給仕をしてくれたりすることもありました。
東京には綺麗な女性があふれています。
「まさか。女王様に触ってもらえるなんて特別なことだからさ」
これだけの身体を目の前にしているんだから、私もすぐに復活するだろう。
「ちょっといったいどうしたんですか?」
私には、その名刺を受け取った覚えはなかった。
秋本君の手がスカートに伸びてきて下ろそうとするのを感じて、少し腰を浮かせて手伝ってあげましたが、両脚からスルスルとパンティを脱がされて抜き取られた時、
誰もいなければ、私のほうから抱きしめていたに違いありません。
社長時代にも何度か足を向けたことはあるが、全部が取引先の接待だったので自腹で、しかも一人で出向くのには多少恥ずかしくもあったが我慢した。
より強い刺激を求めていたのです。
不思議な快感がありました。
その後も付き合った男性は何人もいたのですが、いざ体を求められる段になるとどうにも怖じ気づいてしまって、いけません。
テーブルを挟んで向かいあうと、麻美が口を開きました。
俺は助手という立場で、初級者の担当となった。
こう私から切り出すと、彼女もまた、行きたいわ」
私は不思議に思って尋ねました。
ねたしはうろたえる。
とはいえ、完全な密室ではありません。
紫色した塊物の先で、ヌラヌラになっている空割れを擦り擦りジワジワジワジワッと一寸刻みに陰門の中へ押し込んで行く。
ずいぶん親しくなれば、あれこれ分かってこようが、また来るとも限らない。
私の中にはそういう覚悟もありました。
肉棒を突き出して見せる。
夫に見事に欺かれていたことを、のちになって思い知ることになったのです。
というのも「お誘い」が飛躍的に増えたからなんです。
私は露天風呂でのことが忘れられず、さりとて彼女たちの旅館に顔を出せば、事情を察して笑われはしないかと恥う不安もあり、自分の部屋で雨に煙る山を眺めながら、旅館で借りたギターを、弾けもしないのにかき鳴らしては悶々と時間を過ごしたのです。
こんな感じ、主人は教えてくれなかった。
「来てくれたのね。もしかして来ないと思ったわ」
「ひあああ……んん……っ」
私は早速申し込み、通うことにした。
こんな抱かれ方をすれば、私もうちの枯れた宿六なんてどうでもいいという気持ちにすらなります。
俺は殴りかかってやりたい衝動をおさえつけ、こいつを見返してやろうと固く決意した。
けっして情緒纏綿というわけにはいかず、場末の盛り場を偲ばせる安手の不粋さだったが、初めての私には興奮をもよおさせる一種独特の雰囲気に満ちている。

ケモノたちの宴コレクション

サンプル動画