スケベ過ぎる!指・玩具ズッボズッボ変態オナニー

タイトル: スケベ過ぎる!指・玩具ズッボズッボ変態オナニー
キーワード: 独占配信、デジモ、バイブ、電マ、オナニー、ベスト・総集編
女優: 大橋未久、JULIA、里美ゆりあ、乃々果花、菅野さゆき、周防ゆきこ、Hitomi、めぐり、佐山愛、つぼみ
メーカー: ムーディーズ
レーベル: MOODYZ Best

ネットの口コミ

鼻にかかった声がちょっと色っぽい方ですが、彼女とはほとんど言葉を交わしたこともなく、予想外のことでした。
弟はなにか勘違いしている。
そして他の日は新聞店の近くにあったパン屋から貰い受ける「パンの耳」を朝昼晩に頬張るという食生活だったのです。
冬なら、コクツの中で足を伸ばしてちょっかいを出してゆくとか、そんなふうに始まるセックスが好きなのです。
そんなことを繰り返しているうちに頂点を迎え、私は定子の中にドクドクと精液を放ってしまったのだった。
人の良さそうな笑顔もそのまま。
子供達はもう寝ているだろう。
と、先生のオチンチンから口を離した私は、声を上げて身悶えていました。
あれこれと試みた末、私たちは、互いの本能、互いの性癖をはっきりと認め合う機会に恵まれたようです。
私の舌技で看護婦は達したようだった。
しかし、一年、二年と時は過ぎましたがなかなか妊娠の兆候は見られません。
そこでローションの代わりに年増ホテトル嬢のケツメドをベロペロ舐めて唾液をたっぷり塗り付けて、暗褐色のすぼまりをグイグイえぐっていったのです。
何度も何度も誘われて、断り切れないところまで引っ張ったのは、彼がセックスを期待しているのだと分かっていたからです。
しかも、いまどきの女子大生にありがちな派手な化粧や服装は皆無。
すると、葉月の動きがピタッと止まった。
 生きるんだ
遅番のときも照雄はなかなか私を離してくれず、正直に言えば私も仕事よりはセックスのほうが楽しいので、ついズル休みしてしまうこともありました。
その上、四十路半ばくらいの美人女将が、付きっ切りで面倒を見てくれる。
いつもどおり、オッパイに吸い付き、秘裂をさぐりながら、反応を見るのですが、個室と違ってよがり声がいまいちで最後まで行かすのは無理だと諦めて、ズボンだけを下げて、チ×ポを咥えてもらいました。
「それはアノー……旦那さんにぶっとい珍宝入れて貰わんと……」
全裸になると、もう堪らずに抱きたくなった。
人からは、美人だとか、若く見えるだとか、おだてられることもたまにはありますが、それでももう実際は三十代も後半で中年に差し掛かっている私です。
私は「生うに」を舌先で弾きつつ、思いっきり強く吸った。
夫の猛り立ったモノを握ったとたん、
彼女が悲鳴を上げてのけぞります。
目覚めたのは八時過ぎのことでした。
「もちろん」
舌を入れてきたのは彼女のほうからでした。
私より五歳年上の夫とは見合い結婚で、生活こそ人様の水準以上の営みをさせてはくれましたが、夫婦生活は四十代以降、ないも同然でした。
山間に鳥の鳴く声がする。
お隣は電気がついてましたから、迷わずインターホンを押すと「はい」という太い声の後、木原さんが玄関のドアを開けました。
「ここ、ここでしょう」
だが、弓子には惚れたとか愛してやまないといった気持ちは湧いてこなかった。

スケベ過ぎる!指・玩具ズッボズッボ変態オナニー

サンプル動画