3D騎乗位 Hi-Vision collection Vol.2

タイトル: 3D騎乗位 Hi-Vision collection Vol.2
キーワード: ハイビジョン、4時間以上作品、騎乗位
女優: 絵色千佳、宇佐美なな、つばさ、野中あんり、上条めぐ、真崎七海、河純ひなみ、友田彩也香、椎名ゆず、泉麻那
メーカー: グレイズ
レーベル: GLAY’z

ネットの口コミ

「喜美恵さんと随分仲がおよろしいみたいですのね。あんなお節介な人、あたくし、嫌いです」
圭子のほうから声をかけてきました。
ハァハァ言いながら大家さんがねだります。
男には嫌われても、女は心を許してくれる。
しかし、肝心の締りが物足りない。
ある日は、スカートの下に何も着けずに家から出かけました。
「明日、午後の二時から特上を一人お願いするよ」
と聞くので、
「はい、そうなんです。わたし、先生の女に…ああッ、もう我慢できません、オマxコ、すごく熱くて、熱くて……」
だが、ソープの女やホステスと違い、果たして金でなびいてくれるのかどうか疑問だ。
ことあるごとにお姑さんは私を罵倒しました。
ケツメドをいじられて恥ずかしければいじり返してやればいい。
掌に液体を絞り出しては、私の裂け目に塗り重ねながら、私の入り口に迫ってこようとする彼の指。
「うう、あああ…」
「俺の腫れた一物を鎮めてもらいたんだ」
そこで布団へ潜ると、
たしかに中には二の腕に入れ墨を入れた、少々恐ろしげな男たちもいました。
「ええっ、あの奥さんが?」
いつものように「ラジオ深夜便」を聞こうとダイアル(ラジオのです)を捻っていると、某民放局の番組で「ドライオルガスムス」について話しが盛り上がっていました。
「どうだお前……伝吉の所さ二度と帰る気がねんなら、今日からわしの女房になれや…」
何か、期待させるものがあり、ママさんを口説ける光明が見えてきた。
仰向けでクンニされていた私の体と向きを反対にして夫人が履いかぶさってきました。
夫人がシーシーと歯のすき間から息を吸い腰を小刻みに震わせつつ、
衝撃の余り、私はしばらく呆然と洗濯機のまえにしゃがみこんでいました。
「そこ、舐めてみたいと思わない?宴会が終わったら、お部屋で待ってらして。あたし、必ず行くから。ね?」
絶頂を迎えるのにそれほど時間はかかりませんでした。
いったいどこで会ったのだろう。
「えっ?」
その息さえも、快感を掻き立てて、肌に浸透していくような感触が。
「何だか寂しかった、あなたがいないと」
カーテンの隙間から部屋は豆電球がついているということだけ解ったのですが、何の音も聞こえず、私はもうご主人は寝てしまったのだと思いました。
「いいわ。あなたが言うとおり買ってあげる」
そんな折りには、思わず幸恵を抱きしめずにはいられない私である。

3D騎乗位 Hi-Vision collection Vol.2

サンプル動画