あぁ、義姉さんを100%孕ませたい…、僕より若い義姉さん、はるき さとう遥希

タイトル: あぁ、義姉さんを100%孕ませたい…、僕より若い義姉さん、はるき さとう遥希
キーワード: ハイビジョン、お姉さん、中出し、パイズリ、DVDトースター、単体作品
女優: さとう遥希
メーカー: NON
レーベル: NON

ネットの口コミ

男は人生で三度旬を迎えるなどと申します。
私はもう蒲団に入って、本を読んでいたときでした。
そして「俺だ。松岡だ!」などと怒鳴らずにいたら、その後もそれなりに大家さんと付き合っていられたのに。そう思うと未だに悔やまれてなりません。
会いたいといってくれば、夜中でを迷わず飛んでゆく。
部屋に戻ると定子はまだ、横になっていた。
指と舌とペニス。
女は事移所に延長の電話を掛けた。
「先生、私、三年間ずっと先生のことが好きだったんです。好きで好きでたまらなかったんですッ」
うだるような熱気が指の付け根を焦がしています。
入院しているとき、私の世話をしてくれたのは若い看議婦だった。
私が悪いのではなかったのです。
「今に分かるわよ」
奥さんを亡くしてすでに三年。
「出ていって!私、恥ずかしい…」
俺自身も待ち望んでいたのだ。
宿も一流だが、料理も一流で、彼女も大満足していた。
彼の住まいは磯子にある4階建てアパートのひと部屋で、間取りは1DKでした。
せっかくだから女房も誘おうと思ったが、彼女は友達同士で気軽に楽しんでいる。
サディステックな態度で両足を広げて、臭いチ×ポをグイグイと娘の口に突き立てます。
「アッ……アーッ、大……大旦那さん……ア一」
まったく、冗談だろう。
と言ってました。
口の中で秘肉が膨らみを増してくる。
などと、夫はもっともらしく弁解しました。
「いかがです?十分に楽しんでいただけてます?」
湯の中で、いきなり股間を押さえていた私の手ぬぐいの下へ手をさし入れ、綾乃が握りしめてきました。
カードがないと自販機を使えないなんて迷惑なことを考えたのはいったいどこの誰なのか。
肩と肩が触れ、腕と腕がくっつきます。
そして、一度、アクメを味あわされたあと、吉崎さんは射精せずに抜き取り、私の花芯にパイプを埋め込んできたのです。
「まあ、せっかくの旅行なんだし、そんなに堅苦しいこといわなくても」
うちの主人は相変わらず帰りが遅く、時間潰しに観ていたテレビドラマも面白くなかった私は、また玄関の外に出て、お隣のドアの前で様子を窺ってみたのです。
俺はうれしくなって派手に腰を振り、熟女の蜜壷に熱い沸騰液を、不覚にも撃ち放ってしまった。
 ♪遊女は客に惚れたと言い、

あぁ、義姉さんを100%孕ませたい…、僕より若い義姉さん、はるき さとう遥希

サンプル動画