汗だくセックス!ムキ出し!本気イキ! さとう遥希

タイトル: 汗だくセックス!ムキ出し!本気イキ! さとう遥希
キーワード: ハイビジョン、巨乳、単体作品、オナニー、期間限定セール
女優: さとう遥希
メーカー: h.m.p
レーベル: h.m.p

ネットの口コミ

まさに順風満帆のわがプレイボーイ人生の始まりか、と思えたのですが。
「そんなこと言うなよ。俺ひとりじゃあ、手がまわらないところもあるのだから」
「じゃ、女の大切なお豆を教えて上げる。ビラビラ肉の合わせ目を捲ってごらんなさい」「ここ? こお?」
そうして里子は、ちょっとこわばった顔つきで、「私、浮気するの、初めてよ」という。
「い、いいのよ、もっと、紋めて」
私は下腹部が熱くなっていくのを感じていました。
そして、私のロープの前を空けると、もう既にいきり立っている私のペニスを指先で掴み、コンドームを口に咥えて器用に被せた。
お互いの性器を擦り合わせているうちに、私のあそこも少しずつ潤ってきました。
あるいは、祖父が大銀行の役員だったという話しも聞き及んでいるのかもしれません。
「酒とタバコと肉」
自分が女であることの実感が欲しかったのです。
「ワシも気持ちいいぞ。勃ってる。どうする?」
「あっ、湊い、いいい…」
その時でした。
ムワーとした汗と混じった芳香が鼻先を刺激しだ。
「きれいだよ。昔と変わらないな」
それは江ノ島の土産物店で買った貝殻のペンダントで、決して高い品ではありませんでしたが、早くも彼にのぼせ上がっていた私は大感激でした。
仕方がないので、一人でアチコチを訪ね歩くことになったのだが、それはそれで楽しみもある。
話によるとドライオルガスムスは普通のオナニーと違い、全員が快感を得られるというものではなく、快感を得るために少し訓練をしなくてはいけないそうですが、興味のある方は一度アダルトショップを覗いて、チャレンジしてみてください。
寝床を指差す。
驚いたのは、柔ひだが濡れそぼっていたからだ。
ついそこまで言うと温厚な夫は珍しぐ、
口では言うものの、素直にからだを反転させて股を開いて見せた。
ひとしきり私の口唇と舌を堪能したあと、西島は私をベッドに押し倒しました。
「そ、そんな……」
二十五歳の私は大阪で建築関係の仕事に就いておりました。
こんな感じ、主人は教えてくれなかった。
感激的な初体験でした。
アナルファック、浣腸プレイ……私のマゾヒスティックな資質は、彼によって花開いてきたと申しましょうか。
何でも夫に立たれた未亡人とか。
「あ…あああ」
「痛い、奥さん。頼みます、そんな恥ずかしいことしないで下さい」
サチコは若い。

汗だくセックス!ムキ出し!本気イキ! さとう遥希

サンプル動画