さとうはるき潮吹きフルコース180分!!

タイトル: さとうはるき潮吹きフルコース180分!!
キーワード: 巨乳、マッサージ、ぶっかけ、潮吹き、パイズリ、単体作品
女優: さとう遥希
メーカー: みるきぃぷりん♪
レーベル: みるきぃぷりん

ネットの口コミ

「先日、綾子さんと妙なホテルに行きませんでした?」
「でも、あなたのほうが、ずっとすてきよ。わたし、あなたに見つめられると、からだが熱くなるの」
はしたなくよじれてすがりつく肉ビラが卑狼で、抜き差しさせる男根は大家さんの恥液でべトベトに濡れて糸を引き、掻き出された恥液が二人の陰毛を濡らしました。
「すごいわ」と里子が言いました。
溝をなぞって穴に指をねじ込むと、背中を反らせて大きく声を上げる。
蕾はソフト。
舌先で先端の粘膜をチロチロと刺激されると、痛いような気もち良いような、不思議な快感が湧いてきた。
でも、先生のことを早く忘れなくちゃいけないという思いがあったのと、クラス委員の秋本君が優しそうですごく感じのいい人でしたから、私は付き合ってみようという気になり、彼と交際することにしました。
ほとんどの子は、世間様と同様に、尊敬の目で見ているのでしょうが、中には、教授を誘惑してやろうという強者も少なくありません。
「いや、アンタの甘い汁が欽みたい」
見知らぬ男性が相手だからこそ、夫とは絶対にしないような大胆なこともできました。
そんなわけで今日もホテトル遊びでケツメドをいじり回されている小生です。
私の秘部は乾いていただけで、女の悦びまでは失ってはいなかったようです。
「私、死んだお父さんが天国でどう思っているかと思うと、悔しくて、情けなくて…」
一度大きく口を開いて、くわえ直した。
あまりにも突然な別れ話なので私は呆気にとられて暫く口が利けなかった。
同棲するようになってから、彼は私に「食費」と称してお金を渡してくれましたが、それもいつと決まっているわけでなく、金額も五万円だったり十万円だったりと、まちまちでした。
「ええっ、あの奥さんが?」
聞くのは、いつも深夜というか明け方です。
「伺うした?未だ出んのか」
おずおずと手をのばし、わたしは生娘の細い手指をつかんだ。
「何よ、紘子さん。またお尻でイッちゃってるんじゃないわよ。今度、私がイク前にあなたがイッちゃったら、私のオシッコを飲んで貰うわよ」
「遊びでは中年、つまり三十代の半ばが一番だと言いたかったのさ。熟れ頃だからね。で、右子夫人を誘ったのかい?」
腰を振り尻を回し、彼の首に噛みつき、快感という快感を食い尽くす勢いでした。
というのも「お誘い」が飛躍的に増えたからなんです。
部屋は簡単に片付けられ、少し開けた雨戸から朝の光りが差し込んでいました。
律子さんの好意を無には出来なかったのもあるけれど。
「来てくれたのね。もしかして来ないと思ったわ」
彼は吉崎さんといって、五十七歳。
「ご一緒に? それは仲のおよろしい」
今どきの若い娘が履くようなヒールが高く足をつっかけるだけのミュールというんでしょうか。
「お仕置してあげる」
幸恵のよがり泣きが高潮を極めるにつれ、

さとうはるき潮吹きフルコース180分!!

サンプル動画