声NG!どんな場所でも、人がどんなに居ても、感じた声を絶対に出してはイケナイ指令にさとう遥希のアソコはマン汁でビチョビチョになっている!

タイトル: 声NG!どんな場所でも、人がどんなに居ても、感じた声を絶対に出してはイケナイ指令にさとう遥希のアソコはマン汁でビチョビチョになっている!
キーワード: 羞恥、野外・露出、巨乳、おもちゃ、ハイビジョン、DVDトースター、単体作品
女優: さとう遥希
メーカー: グローリークエスト
レーベル: GLORY QUEST

ネットの口コミ

捏ねることで無機質の土に生命を吹き込み、やがて己が分身ともいうべき作品に結実させる。
私だって造り酒屋の経営などなんの興味もありませんでしたが、銀行の仕事がおもしろかったわけでもないから、やめることにはそれほど抵抗もありませんでした。
「出るよ。出る! 好きだよ!」
「うそじゃない」
「なにも、ですか?」
短く、太い指先が、私の体の上では、驚くほど繊細に動くのです。
どうしたら妻を取り戻せるのか分からなかった。
(夢のとおりなんだろうな……)
闇の中で、私は、乳房をなで回しながら、時に、指先で腎部や太腿にもさらりと触れます。
私は彼女に愛液を飲ませてくれと頼んだ。
私は化粧をし、大胆な服装で街をさまよい見知らぬ男性から声をかけられるのを待ちました。
「まあ、年季が入ったご立派な持ち物ですこと」
そんなことを何回か繰り返しながらとうとう六十を越してしまいました。
その時、私のなかでは道徳心と性欲が懸命に戦っていました。
葉月が哀願するように声を上げた。
そのような日々が続いていたある日、
だいいち、そのころの私は無職で、彼の稼ぎで食べさせてもらっていました。
「いえ、その、謝礼というか…」
幸い店の入り口は派手な看板が無く、抵抗なく入ることができました。
藤右衛門は指で二、三度それをしごくと、
いい子だが、いい子過ぎて不憫な気もする。
いざとなれぱ夫の実家から支援して貰えばいいと思ったのですが、それ以来、お金の話をするとすぐに夫は怒ってしまうのです。
私は肉壷に肉棒を嵌めたものの射精をすることはできなかった。
怒りに駆られ常軌を逸していたとはいえ、この私が浮気をするなんて思ってもみませんでした。
もう手の形なんか判別できないほど、あちこちが真っ赤に腫れ上がりるほど叩きますが、そのたびに彼女が口を半開きにしてよがるのです。
「ほら、こんなになっとる」
ビニールポケットには、履歴書が一枚ずつ。
その週の日曜日のこと、私はたまたま行ったデパートの屋上で、同級生の足立愛子とばったり出会ったのです。
それも、この年になって……。
「あなたはみなさんにちやほやされて、気付かなかっただけよ。この人は昼から夜までずっと私といたの。私と一緒に過ごしたの」
一瞬驚いた顔をした彼は、すぐに誰も来てないと言ってきたので、私もつい
元はスチュワーデスをしていて機内で知合ったらしい。
私はたまらずに幸恵の体から浴衣を脱がせては丸裸にして両脚を掴み、グイッとばかりに左右に股を拡げる。

声NG!どんな場所でも、人がどんなに居ても、感じた声を絶対に出してはイケナイ指令にさとう遥希のアソコはマン汁でビチョビチョになっている!

サンプル動画