放尿、潮吹き、大失禁。 さとう遥希

タイトル: 放尿、潮吹き、大失禁。 さとう遥希
キーワード: DVDトースター、単体作品、放尿、潮吹き、凌辱、デジモ、独占配信、ハイビジョン
女優: さとう遥希
メーカー: プレミアム
レーベル: Jewel

ネットの口コミ

たぶん綾子さんを助手席に乗せた現場を目撃して、私の車の後をつけてきたのでしょう。
もちろん圭子は事業のことなど知らないし、興昧もないようでしたが、まあ宣伝や交渉のときの頗としては、その美貌は少なからずメリットがあるようでした。
思わず怒鳴りました。
結婚式の日までセックスしなかったと言っていました。
奥までねじ込んだとき、定子はしっかりと目を閉じ、肉筒の広がりを感じ取っているようだった。
「ああああー。んん、んん、はう、ううう」
それも、私が依頼した仕事で。
そう咳いて、私はパンティの中に手をもぐり込ませ、先生からそうされていることを想像しながら、クリトリスに指を使い始めていたのでした。
と、この場のことはすべて彼女の希望から生まれたように仕向けたのです。
そういって彼女は制服を脱ぎ、胸をはだけ、ブラジャーを取った。
私は、従わざるをえませんでした。
そんなわけで今日もホテトル遊びでケツメドをいじり回されている小生です。

それはゼミ。
終了後はラブホテルで情交した。
そのような日々が続いていたある日、
照雄は夜遅く出かけて朝方に帰ってくると、たいてい私を求めました。
外回りの途中に公園のベンチで休んでいると、三十半ばくらいの女が隣に座った。
「ここが、どういうお店か、ご存知ですよね」
「あ、こりゃ、大旦那さん」
ビールを薦めると、ママさんはカウンターのなかの娘からコップをもらった。
「あぁ…嫌」
「互いに名なしのゴンベエ」
西島がその休勢を取ったとき、私は年にも似合わず緊張していました。
「もう、K子にばっかりサービスしちゃってズルーイ。こっちにも来てよ」
「堪忍してえな」
いったいどこで会ったのだろう。
「今は持ち合わせがないけど、明日なら用意できるよ」
そんな交流の中で、何人かボーイフレンドめいた方もできました。
「ご一緒に? それは仲のおよろしい」
「もうご主人が帰る時間じゃないかな」
ヤツらは人格的には無口で根暗だが、その明晰な頭脳を武器に短期で値幅を稼いでいるのだ。
それもそうだろう。

放尿、潮吹き、大失禁。 さとう遥希

サンプル動画