激しいピストンで暴れるおっぱい

タイトル: 激しいピストンで暴れるおっぱい
キーワード: 巨乳、巨乳フェチ、美乳、超乳、その他フェチ、デジモ、独占配信
女優: JULIA、さとう遥希、みなせ優夏、ももかさくら、可愛みくり、桜木莉愛、牧瀬ひかり、新山かえで、一ノ瀬ルカ、白鳥あすか
メーカー: ムーディーズ
レーベル: MOODYZ Best

ネットの口コミ

と問い詰められました。
「待って」
「え? どうしちゃったの? そうよね、みんなが親御さんの所に帰ったというのに松岡君だけ居残りですものね。寂しいわよね」
顔だけで咥えているほうが、なんだかマゾヒスティックでいやらしい。
両脚を大きく広げ、自分から穴の入り口にあてがってくる。
私は、夫とでは知らなかった快感に翻弄されていました。
私も、妻に気付かれないように知らぬ振りをして、すぐに自分の部屋に篭った。
「中井、すごく良かった」
加奈子とはその地下街でばったりと会ったのです。
「いらっしゃいませ。綾香です」
自分から激しく腰をくねらせて喘いでみたり、自分からフェラチオをしたり…。
それで調子づいた小生はヌルヌルのケツメドに指を抜き差しさせていったのです。
私をマットの上に寝かせ、私の上に彼が被さってきた時には、彼の肉茎の先はすでに私の裂け目に触れていました。
私は教育者として、いや、人間としτ最低の行為をしてしまったのです。
半開きの口の中へ潜らすと、滑るような生温かい唾液に包まれた。
小さく美登利は声を出したようだった。
私の仕事はそのように不規則でしたが、もっと不規則なのが照雄のほうで、深夜に出かけて朝方帰ってくることもしょっちゅうでした。
これ以上は無理だと思った私は、妙子と別れることにした。
射精に伴う快感度が弱くなってしまい、逆に中身の濃いエロ気分が欲しくなるのです。
と、かれこれ数十回も突いたであろうか?
ママさんは、紅炎をあげて、過ぎた日の夜を熱く語る。
「うう……ああんっ……あああん……」
「と言うことは彼女たちと遊ぶのも、昼間ということかい」
私の上にカラダを重ねたまま、グルリと180度回転したのです。
「困るわ。あたくし、そういうつもりで伺ったわけじゃ……」
そのままでは暗かったので、乱れた浴衣の裾をはしょりました。
ちらと横目でもう一度、藤枝氏の横顔を確認する。
私は無我夢中で、シュミーズの前を暴き乳房を露出させたのです。
私も、まさかこの年で、こんな桃源郷を見出せるなんて……全身に縄化粧を施され、鞭の刻印を噛み締める時、これほどの至福はない……とさえ思っているのです。
「ちょっ、ちょっと」
私は、彼の浮気の口封じの為に抱かれたのだと気づきました。
奥さんは自分からゆさゆさ卑狼に腰をふって、俺の指を締めつけてくる。
と言い、私に抱きついて頬をチュッと吸った。

激しいピストンで暴れるおっぱい

サンプル動画