夜行バスで偶然隣りの席に座った娘が好みで可愛かったので強引に迫ってみたら…

タイトル: 夜行バスで偶然隣りの席に座った娘が好みで可愛かったので強引に迫ってみたら…
キーワード: 羞恥、泥酔、潮吹き、企画、ナンパ
女優: 小坂めぐる、森ななこ、さとう遥希
メーカー: プレステージ
レーベル: REAL DOCUMENT

ネットの口コミ

そう言って肩を抱き寄せましたが、彼女はブイッと横を向いてしまったのです。
「わたしねえ、いつか小さな幼稚園をやってみたいと思ってるの」
その色は色白の肌とは対照的で、まるで臓物を見ているようでした。
風呂から上がって布団に入ったとき里子は、「死ぬ前にちゃんとしたおちんちんを咥えることができてよかったわ」と言っていました。
「首を絞めると、アソコの締まりも良くなる」
夫のよりももっと長いサイズだったらどうしようと思っていたからです。
今日はどんな女が来るのだろうか、先日の女だろうか。
それは先生がベッドの上で相手の女性と裸で抱き合ってセックスをしている、すごくリアルでエロチックな夢でした。
「見せてごらん、先生が散らした花を……」
私も久々に味わう愛蜜の味に生きる活力を取り戻したのだった。
私は、その快感の虜になっていきました。
「ひっ!」
不思議な液体がラブローションだったと教えてもらったのは翌日のこと。
すると麻美本人が出ました。
俺好みとは、パン粉を膨らました逆ハート型に肉がたっぷり付いている尻だ。
東京へ帰る途中、新婚旅行には温泉でも行こうかと、有名な温泉地へと向かった。
私がクラブの名前を聞いても教えてくれないし、それなら電話番号だけでもと尋ねても、なんのかんのと理由をつけて教えてくれませんでした。
「あああん、素敵、臭い…」
この年になれぱ、若い頃と違ってただ出せばいいというものでもありません。
糸子は声を漏らし、
外の雨足が強まったらしい。
ですが六万ともなると、私は思わず、娘のスキーウエアの購入費用の足しになると唾を欽み込んでしまいました。
「こんなに早い時間からなんて……」
ラブホテルに入ったからには、浮気にちがいありません。
「主人がこんなことしてくれるはずないわ。あたし、添乗員さんが若い方だと聞いたからツアーに参加する気になったのよ。だって体力もあるし、ヤナたい盛りですものね。エッチするためなら、どんな願いでも聞いてくださると思ったの」
仲のいい朋輩が集まって、この湯治場に体を休めに来るとのことでした。
浮気の先生が言うことだ。
私は強く唇を押し付けました。
「ほら、もうこんなに濡れてるよ、佳代子さん」
「ええ、もう私たちは他人じゃないんだから」
何度かお茶飲みに来た時から見ていたブランデーをご主人が私の為にグラスに注いでくれました。
「痛い、奥さん」
その上、日常の生活態度そのものまでも恣意的なものに流れ、放逸さを増すばかりとなった。

夜行バスで偶然隣りの席に座った娘が好みで可愛かったので強引に迫ってみたら…

サンプル動画