Mドラッグ つぼみ

タイトル: Mドラッグ つぼみ
キーワード: ぶっかけ、中出し、拘束、その他フェチ、単体作品
女優: つぼみ
メーカー: ドグマ
レーベル: Dogma

ネットの口コミ

「んもう、内海さんたら。あなたってあたしが手を貸してあげないと何もできない人なんだからぁ」
私は、言いました。
しかし品のいい美人である大家さんが股間にそんな匂いを隠していたのかと思うと刺激的で、今度は「見たい」という思いが猛烈に湧いてきました。
今でもそうです。
定子の中が、それこそ「キュッ」という感じで締まる。
一緒にいてもなんだか場違いなのです。
今、私は娼婦になった妻を抱くために、ホテルの部屋で妻が来るのを待っている。
と上擦った声で聞いて、キスをしようとしてきました。
ある日、いつものような雰囲気で酔い愉しんでいると、
そういいながら勃起しない私をしゃぶってくれる。
毎日毎日そんなことばかり考えて暮らしていたのです。
大股開きにさせるとワレメがわずかに口を開けて中のビラビラ肉を覗かせました。
私を襲ったのは痛みではなく、甘痒い心地よさだけ。
「こんな時、お父さんがいれば…。先生みたいに、優しくて素敵なお父さんがいれば…」
「だめえ、誰かに見られたら困るう」
「お兄ちゃんたら、最近はちっとも寄り道しないんだもん」
「幸枝のオマxコは可愛いな。まるでバラの花みたいだ。それも甘い蜜をたっぷり含んだ花だ」
彼女は貪欲に求め、わたしも応じた。
プレイ時間も普通三十分のところを六十分に奮発しました。
「治リたいけど」
意外と古めかしい、おんぼろ住居だった。
貫井氏も大いに乗り気で、私のお尻の穴を四つん這いの格好で犯しながら、夫人の秘股を舐めさせてくるのです。
「お次の方、どうぞ」
そうは叫んでみたものの、口と肉体は裏腹でした。
ヒガミや嫉妬がとんだ大騒ぎに発展することもあるし、ヘタをすると会社の方に通報されて添乗員を降ろされてしまうこともある。
私は悲鳴を、いや、泣き声をもらしたと思います。
期待もせず、半ば投げやりな気持ちでベッドに横たわったのだけれど。
「タダってわけにはいかないけど、二千円出したら、ヤラせてあげてもいいよ…」
あの日から、吉崎さんとの関係はますます濃密になっています。
せせらぎが遠くに聞こえる。
しかし、そんなドラマティックな話を聞いていると、自分の人生がとてもつまらないものに思えました、。
俺も、しまったと思った。
金を失った男には、いかに好色な女とはいえ、セックスだけではついてきはしない。

Mドラッグ つぼみ

サンプル動画