「家庭教師が美少女にした事の全記録」 隠撮カメラFILE 18

タイトル: 「家庭教師が美少女にした事の全記録」 隠撮カメラFILE 18
キーワード: 盗撮・のぞき、美少女、フェラ、セーラー服、中出し、単体作品
女優: つぼみ
メーカー: グローリークエスト
レーベル: sneak shot

ネットの口コミ

プッと頬を膨らませた綾子さんに苦笑しました。
私はもう蒲団に入って、本を読んでいたときでした。
「だれ?誰なの?」
里子がやりたくなったときに私の家にやってくるのです。
定子の言葉が濁る。
これまで夫以外に男性経験がない私。
数日後、私はミカを呼び出した。
「痛いのはちょっとだけだから、我慢して」
彼女の最大の魅力は、くるくるしたぶどうのような瞳です。
私は冥土の土産にと思い切って彼女に頼んでみた。
そして不思議なことに、その時から憑き物が落ちたようにピタリと夜の街をふらつくこともしなくなり、セックスに対する執着もなくなったのです。

不思議な液体がラブローションだったと教えてもらったのは翌日のこと。
「先生、わざわざお電話ありがとうございます。それに、この前は取り乱してすいませんでした。かなり落ち着きましたから、お詫びと言ってはなんですが、私の家においでになりませんか。手料理を食べていただきたいと思って」
片手で、ジッパーの金具にも指を掛けた。
うす暗い照明では、美登利の顔が少女の頃と変わってないように見えて、挿入後は一段と硬度を高めていった。
私はたちまち彼のファンになり、彼の姿が見えるやいなや、ほかのウエイトレスを押しのけて、いち早く注文を取りに駆けつけました。
女将はわたしの手を取って、着物の襟元から胸乳に誘う。
どうやら、ドライオルガスムスの実践方法について、試供品を提供する会社の人間と実際にそれを試すことになったタレントの間で、話が盛り上がっているようでした。
男心を唆かすようにユラユラと腰を振ると、
外の雨足が強まったらしい。
私を愛人にしたいと口説いておながら、いざとなったら愛妻家だと言いだすんですから私にはわけが判りません。
「いや、ポク個人の趣味ではあるがね」
ムキムキと青筋立てて膨張してゆく西島の股間に、私は期待と不安を感じていました。
私の経験からいくと、K子さんのように露骨にモーションを掛けてくる女性は意外と口先だけで、むしろこの敦美さんのように、なんの前触れもなく、そっとやってくる女性のほうが本気でアレをしたがっているケースが多いのです。
桃太郎のおちょぼ口にすっぽりと亀頭がおさまり、酒で熱くなった舌がからみついてきたときは、もう我慢するのに必死でした。
『ああ、よかった。あのまま帰ってしまわなくてよかった』
私は彼女を抱きかかえ、布団まで運んだのです。
美術館の観賞会のときに声をかけて下さって……それからおつきあいが始まりました。
私は最初、驚きすら感じたが慣れというのは不思議な物で、いつしかそんな連中の輪に属してしまうことになったのだった。
今度は私の方が一瞬面食らってしまったのですが、好奇心には勝てませんでした。
奥さんは二回りも歳の離れた夫と子供もなく暮していたが、昨年死に別れて未亡人になったとのこと……。
たとえ浮気はできたにしても、やはり家庭持ちともなるとなにかと煩わしく支障があるのは明らか。

「家庭教師が美少女にした事の全記録」 隠撮カメラFILE 18

サンプル動画