羞恥!強制潮吹きマシンパンツで街中を引き廻せ 10 つぼみ

タイトル: 羞恥!強制潮吹きマシンパンツで街中を引き廻せ 10 つぼみ
キーワード: 単体作品、潮吹き、野外・露出、羞恥
女優: つぼみ
メーカー: サディスティックヴィレッジ
レーベル: サディスティックヴィレッジ

ネットの口コミ

これからは陸釣りは止めて正真正銘の釣りに没頭しようかと思っている今日この頃です。
「そうなの。それでわたしも、もうしかたないかなって、さつきまで思ってたの。わたしだってべつにきれいなからだでもないんだから、一度くらいならってね。でも、結婚はできないわ」
「い、いえ…全然…」
体の疼きや亭主に対する不満など、女としてのいろんなものを懸命にこらえて生きてきた女です。
それほどまでに歓喜の波が彼女を襲っているんだろう。
でも、これだけは言えること、それは、渡辺さんと出会う前にはもう戻れないということです。
私が知らぬうちに、名刺を渡されたのだろうか。
私は自分にそう言い聞かせていました。
激しい量の蜜の流れです。
食べないから体力はどんどん落ちていく。
あの頃のことを思い出すと恥ずかしくてたまらなくなりますが、ああいう時期もあったからこそ、今の幸せがあると思っています。
だから懸命に堪えたんですわ。
運を天に任せて、その日、私は彼の家を訪ねたのでした。
このまま深い関係になったら……。
こりゃ、たまらない。
後を追って私もイった。
私は不思議に思って尋ねました。
これまでにもミクシィをやっていたが、最近はもっぱらフエイスブックにハマっている。
で、放送で取り上げていた「ドライオルガスムス」というのは、究極オナニー法のことです。
「糸子……糸子…」
「さあ、ヒサミちゃんも少し飲みなさい。きょうは宵宮だから」
我慢出来ない波が襲ってきて慌ててお尻を押さえてベッドから降りたのですが、トイレに行きつかないうちに私のお尻からは彼のオシッコが漏れ出しました。
「何度も驚かすなんて…悪い方ねえ」
まったく、腹が立ってどうにもなりませんでした。
「お願いがあるの。お尻をぶってほしいの。腫れ上がるまでぶって」
毎年、夏が終わると客も減って暇になるので。
ぬるぬる、ぐちゅぐちゅ。
「いま、お風呂にお湯を張りますからね。十五分ほどで入れると思いますよ。それから浴衣はここにあります」
下着を剥ぎ取られ、ざらざらとした生暖かい舌が花芯をとらえたとき、まるで軟体動物が這いずり廻っているような、ぬめりのある感触が肌にじわじわと浸透していきました。
山間に鳥の鳴く声がする。
木原さんの奥さんも、彼に抱かれた体が、子供と夫を捨てる決意を孕んだのだと思いました。
今度は俺が責めにまわった。
幸恵との淫欲でのみ結ばれた関係も、私の結婚後五年間はつつがなく続けられていた。

羞恥!強制潮吹きマシンパンツで街中を引き廻せ 10 つぼみ

サンプル動画